麻木久仁子、料理で“温活”レクチャー「日本中を温めたい」

 タレントの #麻木久仁子 (58)が25日、オンラインで『温活調理講座』を開催。温活指導士の資格を持つ麻木は「体が冷えることによる不調は多いので、体を温める料理を通じて、日本中を温めたい」と声を弾ませた。

 書籍『ゆらいだら、薬膳』(光文社)を刊行するなど、薬膳に対する知識も豊富な麻木は、今回の講座で体を温める食材をふんだんに用いた料理をレクチャー。「本当は、みんなで集まってやりたかったのですが、今は大勢で集まるのが難しいので、最小限の方と会場で、あとはオンラインで臨場感のある中継を届けたいと思います。4月から本格的に月1回の講座、みなさんがレシピを考えられるようにする講座を考えています」と意気込んだ。

 2010年に脳梗塞、12年には乳がんに罹患し、自身の体と向き合って、薬膳に出会ったようで「症状は幸い軽く済んで、回復したのですが、神様から健康管理をしっかりしなさいと言われた気がしました。そこから食養生ということで、東洋医学に基づいた薬膳を学びました」と回顧。自身の再婚について向けられると「ハハハ」と大きな笑みを見せながら「どちらかというと、近いうちに孫の面倒を見るのかなという感じなので、それこそ温活で体を元気にしておきたいです」と語っていた。

#料理 #麻木久仁子 #タレント #オンライン #調理

麻木久仁子、料理で“温活”レクチャー「日本中を温めたい」