田村淳、ブラック校則めぐり教員と戦うも… 理不尽な言葉で一蹴された過去

3日、 #ロンドンブーツ1号2号#田村淳 が自身のYouTubeチャンネル『田村淳のNews Labo』を更新。ブラック校則について言及し、反響を呼んでいる。

■ブラック校則に言及

学校の理不尽な校則を意味する「ブラック校則」。田村が出演する情報番組『グッとラック!』(TBS系)では、ブラック校則についてたびたび議論していた。この日の動画の冒頭で、田村は「昔からあるだけで続いている理不尽な校則のブラック校則は、撲滅したほうがいいんじゃないかって思うんですよね」とコメント。

ブラック校則の代表例ともいわれる「髪色の指定」について、「髪色が変わっているだけで人間性を全否定するのはおかしい」と疑問を呈する。これに、この日のゲストである弁護士・高橋和典氏は「学校の先生は粗を探すんですよ。茶髪だから他にも何か悪いことしてるだろうって」と説明した。

■田村はブルマーに疑問

田村は自身が学生のとき、女子生徒だけブルマを穿いていたことに疑問を感じていたらしく、教員に質問したそう。しかし、教員からは「昔からそうなんだから、疑問に感じることがおかしい」と一蹴されてしまったという。当時について田村は「なんとかして学校の先生と戦ってみたんですけど、理不尽な理論に負けてしまった」と振り返る。

このエピソードに対し、高橋氏は「昔からあるからで説明しちゃうのは教育的にもよくない」「教えられないのは不勉強」と語った。

■意味のわからない校則があった人は…

学校特有の校則は少なからず存在しており、卒業後学生時代を振り返ってみると疑問を感じることも多いのではないだろうか。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10〜60代の男女1,789名に調査したところ、全体の33.3%が「意味のわからない校則があった」と回答している。

今回の動画のコメント欄には「学校の校則って本当に意味がないよな」「根拠がないルールはルールじゃないよ」など、ファンから納得の声があがっていた。

(文/しらべぇ編集部・北田力也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日〜2020年2月26日
対象:全国18歳以上の男女1,789名 (有効回答数)

#校則 #ブラック校則 #田村淳 #教員 #言葉

田村淳、ブラック校則めぐり教員と戦うも… 理不尽な言葉で一蹴された過去