大泉洋「私っぽくて何が悪いんだ!」主演映画で予想外NGに憤慨

 俳優の #大泉洋 (47)が3日、都内で開かれた主演映画「騙し絵の牙」(監督吉田大八、26日公開)のイベントに登場した。

 廃刊の危機にあるカルチャー誌の編集長が困難に立ち向かう物語。塩田武士氏の小説が原作で、大泉を主人公のモデルにして書かれた作品。だが撮影では「大泉さんぽいから」という理由のNGがあったという。大泉は「私に当て書きした作品で、私っぽくて何が悪いんだ!」と憤慨しつつ、「今までの映画で一番オレっぽくないです」と紹介した。

#大泉洋 #主演 #俳優 #監督 #小説

大泉洋「私っぽくて何が悪いんだ!」主演映画で予想外NGに憤慨