EXITりんたろー“選択的週休3日制”に「企業や上司の器量が問われる」兼近「働く人は働く」

お笑いコンビ「EXIT」のりんたろー。(35)と兼近大樹(29)が8日放送のABEMA「AbemaPrime」(木曜後9・00)に出演。「選択的週休3日制」について言及した。

「選択的週休3日制」導入を巡っては、加藤勝信官房長官が5日の記者会見で多様な働き方の推進は重要であるとし、自民党の1億総活躍推進本部が中間提言を踏まえ、検討する考えを示した。

りんたろー。は「メリット・デメリットがたくさんあると思いますが、その上で1回やってみたらいいのでは。働きたい人はバリバリ働いて、そうじゃんない人は育児や介護や余暇の時間にあてる」とコメント。実際に週休3日を希望する場合に「育休の時みたいに、見えないもの(壁)があって嫌な思いをする人が増えちゃうのかなと思って。企業や上司の器量が問われる改革なのかなと思う」と持論を述べた。

兼近は「休みを3日って決めても働く人は働くし、働かない人は働かない」と反応。「僕は昔、肉体労働をやっていた時は苦しい時間、キツイ時間をお金に換えていたという思い入れがあって。それが僕の本質的な働くという意味だと思っていて、それだったら俺は働きたくない。でも、今は肉体的な苦しみはなくて、楽しいと思いながら、数少ない、好きなことを仕事にしている状態。そういう状態だからこそ毎日働けている。そういう仕事を探していくのが大事だと思って。でもみんながそうなると、国は回るのかな?っていう不安もある」と語った。

#りんたろー #週休3日制 #EXIT #企業 #上司

EXITりんたろー“選択的週休3日制”に「企業や上司の器量が問われる」兼近「働く人は働く」