『映画 賭ケグルイ』高杉真宙、絶好調の“負け顔”披露もモブキャラ脱却なるか?

ギャンブルの強さで階級が決まる私立百花王学園を舞台に、転校生・蛇喰夢子らが繰り広げるギャンブルバトルを描く、『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』(29日公開)より、レギュラーキャストの一人、 #高杉真宙 演じる鈴井涼太の場面写真が解禁された。

2018年放送のドラマ(season1)から夢子を演じる #浜辺美波 をはじめ、高杉、 #森川葵#池田エライザ#矢本悠馬 、中村ゆりか、三戸なつめ、松田るか、岡本夏美、柳美稀、松村沙友理(乃木坂46)、小野寺晃良らレギュラーキャスト陣が続投。さらに、映画第2弾となる『絶体絶命ロシアンルーレット』では、かつて学園を滅ぼした最凶のギャンブラー・視鬼神真玄役で藤井流星(ジャニーズWEST)の振り切った“悪役演技”が注目を浴びている。

これまでのシリーズでは“ヘタレ”、“ポンコツ”、“モブ”キャラとして負け顔を披露しまくっていた鈴井。公開された場面写真は、相も変わらず絶好調のとぼけたような負け顔を見せる場面を切り取ったもの。

今作でも相変わらずのヘタレキャラか?と思いきや、今回の鈴井は一味違うらしい。最凶最悪のギャンブラー・視鬼神、夢子、桃喰綺羅莉(池田)の三つ巴のギャンブルバトルに、夢子の人質として巻き込まれてしまう鈴井。命を賭けたギャンブル「指名ロシアンルーレット」で夢子を勝利に導くために、鈴井はモブでは考えられないある驚きの“賭け”に出る。鈴井は本作でモブキャラ脱却となるのか!? 本編の見どころの一つだ。

#賭ケグルイ #高杉真宙 #ギャンブル #花王 #舞台

『映画 賭ケグルイ』高杉真宙、絶好調の“負け顔”披露もモブキャラ脱却なるか?