丸山忠久九段 対 久保利明九段 勝者はブロック優勝・本戦出場 対局開始/将棋・叡王戦

将棋の叡王戦段位別予選(九段戦)が4月20日に行われ、 #丸山忠久 九段(50)と #久保利明 九段(45)が午後7時から対局を開始した。勝者はブロック優勝で、本戦出場が決まる。


丸山九段は、1990年4月に四段昇段。竜王戦1組(1組:22期)、順位戦B級2組(A級以上:14期)。タイトルは名人2期、棋王1期。棋戦優勝も12回を数える。居飛車党で、中でも角換わりが得意。対局中に脇息に肘をついて曲げるポーズも、ファンの間でよく知られている。

久保九段は、1993年4月に四段昇段。竜王戦1組(1組:12期)、順位戦B級1組(A級:13期)。タイトル7期、棋戦優勝6回と実績十分。振り飛車党のトップ棋士として知られ、様々な種類の振り飛車を指しこなすほか、「捌きのアーティスト」とも呼ばれる。

叡王戦は四段から九段までに分かれた段位別予選を行い、12人が通過。シード棋士4人を加えた16人で本戦を戦う。28人が参加する九段戦は3組に分かれ、各組優勝の3人が本戦に進む。今期から主催が不二家となり、対局室には栄養補給用にお菓子ボックスが置かれている。

持ち時間は各1時間で、振り駒の結果、先手は丸山九段。ABEMAではこの対局を終了まで、生放送する。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

#丸山忠久 #久保利明 #優勝 #叡王戦 #ブロック

丸山忠久九段 対 久保利明九段 勝者はブロック優勝・本戦出場 対局開始/将棋・叡王戦