パンサー向井、次世代MC筆頭へ テレビマンが高評価する理由

辺りをキョロキョロと見舞わし、思わず苦笑いを浮かべる一人の男性──3月のある夜、仕事先から出てきたお笑いトリオ・ #パンサー の向井彗(35)である。若手時代は、劇場出口にファンが長蛇の列をなしたことから“出待ち率No.1”とまで言われた人気芸人も、今では第7世代にお株を奪われたのか、特に出待ちのファンが見当たらないまま静かな帰宅となった。

とはいえ、バラエティー番組の現場では、柔和な笑顔と抜群の仕切り力で制作サイドから絶大な信頼を受けている向井。そんなイメージとは裏腹に、昨年秋頃に出演した『あちこちオードリー』(テレビ東京系)では、「毎日反省ノートをつけている。むちゃくちゃムカついたことを忘れないように」と“知られざる闇の部分”が明らかとなった。某放送作家はこう語る。

「向井さんがつけているノートはまさしく“デスノート”と言えるほどのシリアスな内容。例えば、現場のスタッフに『ナルシストキャラでいってください』と突然言われ、『なんでキャラ変しなきゃいけねぇんだよ!』と猛烈に腹が立った向井さんはその怒りをグッと堪え、番組名とスタッフの名前をノートに記して絶対に忘れないようにする、といった感じです。

今まで爽やかな印象でやっていた向井さんが突然このノートの存在を明らかにしたことで業界内は騒然。向井さんへの対応があれ以来変わったとも言われています。とはいえ、バラエティーに対してそこまで真摯に取り組んでいるということでもありますし、デスノートの存在を明らかにしてから、逆に向井さんの仕事は増えたと言われています」

そんな向井は、2008年に養成所の先輩である #尾形貴弘 (43)と菅良太郎(39)とトリオグループ・パンサーを結成。若くして劇場で頭角を現し、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の週替わりレギュラーに抜擢されるなどテレビに出るチャンスを掴んだが、最近では個別の番組出演も多く、向井はさまざまな番組で“裏回し”的な立ち位置ができる芸人として重宝がられているという。

前出の放送作家は「表の回しであるMC業も卒なくできますし、ひな壇からの“裏回し”もできる。言葉のチョイスが巧みというか、面白さを粒立てるセンスに優れている人だと思いますね。尾形さんとは9歳も離れており、パンサーでは最年少ながらずっとまとめ役をやっているので、間合いの取り方が非常にうまい。好感度も高いので、次世代のMC候補の筆頭格と言っても過言ではないですね」と太鼓判を押す。

一方、トリオとしては長らくレギュラー番組からも遠のいており、現在は『有吉の壁』(日本テレビ系)で若手に交じってネタを量産するぐらい。

某テレビ局の制作スタッフは「場数も多いし、トリオとしての笑いのとり方はお見事。しかし、第7世代と並んで出演すると明らかに華が足りないというか、ムダにベテラン感が出てしまう。キャリア的には本人たちも納得のいく出方ではないと思います。

同じトリオ芸人として #ジャングルポケット がいますが、彼らは賞レースでも毎回のように結果を出すほどネタには定評がある。なので、パンサーとしてはネタで勝負するより、個々のタレント性をいかしてテレビでのし上がっていくというほうがブレイクへの近道だと思いますね」と語る。

となると、パンサーのブレイクは向井によるところが大きいのかもしれない。

前出の制作スタッフは「周りをまんべんなく見渡せる視野の広さと気配り力を兼ね備えている向井さんなら、ブレイクスルーするのはもはや時間の問題。そうして得た経験やエピソードをパンサーの活動にフィードバックすれば、トリオとしての価値が上がることは間違いありません。現在、情報・バラエティー番組の第一線で活躍しているバナナマン・ #設楽統 さんや #極楽とんぼ ・加藤浩次さんの後に続く、お笑い出身の次世代MCとして注目している関係者は決して少なくないでしょう」と評価する。

向井がデスノートを片手にお茶の間を席巻するのはいつの日か、心待ちにしたい。

#パンサー #お笑い #時代 #芸人 #第7世代

パンサー向井、次世代MC筆頭へ テレビマンが高評価する理由