小柳ルミ子、歌手生活50周年の新曲『深夜零時、乱れ心』 キレキレダンス披露し感涙

25日、歌手・ #小柳ルミ子 の新曲『深夜零時、乱れ心』の発表会が都内で行われ、小柳自らが報道陣の前で生歌とダンスパフォーマンスを披露した。

■ヒット量産してきた50年の歌手生活

1970年に宝塚音楽学校を主席で卒業し、NHK連続テレビ小説『虹』で芸能界デビュー、翌1971年に『わたしの城下町』で歌手デビューした小柳。同曲は130万枚を超える大ヒットで日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。

その後も『瀬戸の花嫁』(1972年)や『お久しぶりね』(1983年)など、多くのヒット曲を世に送り出してきた。

■ロックテイストの新曲披露

21日に発売された新曲は、シングル作品としては7年ぶり。まもなく69歳を迎える年齢にかけたのか、しかしその歳を感じさせないパワフルなロックテイストだ。

都内の会場で報道陣の前に姿を現した小柳は、新曲をフルコーラスで熱唱。足を高く上げるなどダンスのキレも冴え渡る。曲中の振り付けは、小柳自身が考えたものだという。

『瀬戸の花嫁』など和テイストの曲が知られる小柳だが、30曲ほどの候補の中から自身で「これぞ!」と選んだのが『深夜零時、乱れ心』とカップリング曲の『言葉にならない』。自分が最も歌いたかった歌ということで、「本領発揮」というキャッチフレーズも選ばれた。

■昨年夏には引退を決意

この日は元気な姿を見せ、また、先日は完徹のまま富山県まで歌番組の収録を果たしていたことをブログで明かした小柳。

しかし、昨年夏には新型コロナの影響で舞台やディナーショーなどほとんどの仕事が中止となり、「もう芸能界で自分の席がないのではないか」と引退を決意し、出演したラジオ番組でも語っていたという。

しかし、サザン・オールスターズの #桑田佳祐 が雑誌の連載コラムで小柳について、「歌がうまい、エロい、踊りが上手い、芝居が上手い、脱げる…」と称賛していたことをファンに教えられ、奮起。

ブログでもたびたび桑田への感謝を述べていたが、この日のイベントでも感涙しながら桑田への謝意を語った。

#志村けん さんへの思いも

1日3回の体温測定を欠かさず、接触した人をリスト化するなど、新型コロナ対策も十分に行ってきたという小柳。昨年3月にコロナ感染により亡くなった志村けんにも話が及んだ。

50年来の友人だったという小柳は、「こういうコロナの時ほど必要な人」と思い出を語る。緊急事態宣言の初日に集まった取材陣にも温かい感謝の言葉を伝え、何度も涙ぐむ姿にイベントの最後には拍手も送られていた。

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

#小柳ルミ子 #新曲 #ダンス #デビュー #パフォーマンス

小柳ルミ子、歌手生活50周年の新曲『深夜零時、乱れ心』 キレキレダンス披露し感涙