錦鯉 売れるまで長谷川は「水道料金の徴収を月15日やってました」

●ゲスト:錦鯉(にしきごい) 長谷川雅紀(写真左)/1971年、北海道生まれ。渡辺隆/1978年、東京都生まれ。同じ事務所に所属するピン芸人で、仲間同士で飲むなどの間柄だったが、2012年にコンビ結成。2019年の「M-1グランプリ」で準決勝に進出し、徐々にテレビ出演を増やす。2020年の「M-1グランプリ」では決勝に進出、4位となり、ブレイクを果たす。

昨年の「M-1グランプリ」で決勝に進出、見事4位となり、ついにブレイクを果たしたお笑いコンビ・錦鯉。49歳と42歳の“中年の星”はいかにバカ全開のネタにたどり着いたのか。天才テリーも「 #サンドウィッチマン になれる逸材」と熱烈な太鼓判を押す。

テリー 昨年のM-1以降、大活躍だね。売れてよかったなぁ!

長谷川 ありがとうございます。もう2人とも40過ぎなんで、半ばあきらめてたというか。

渡辺 ずっと売れてなかったので、やっと刑務所から出所したみたいな気分ですね。

テリー 年齢は長谷川さんが?

長谷川 49歳で。

渡辺 僕が42歳です。

長谷川 芸歴は僕が26年ですね。

テリー 長いなぁ。その間ずっと売れてなかったんでしょ。そうすると、その状況に慣れちゃうよね。

長谷川 そうなんですよ。ライブに出たら、もう15年鳴かず飛ばずみたいな、同じような環境の人間がいるんですよね。で、ライブ後にその人たちと飲みに行って、傷のなめ合いじゃないですけど、「芸人をやれてるだけで幸せだ」みたいなことを言ったりして。それは、よくないことなんですけど。

渡辺 だから僕は売れてないこと自体を忘れて、途中から「ただ芸人やってる」みたいな感覚でしたね。

テリー それがM-1でブレイクして、一気に変わるわけでしょ。いちばん大きく変わったのは何?

渡辺 やっぱり単純にバイトに行けなくなりました。去年の12月までは青果市場で野菜の仕分けのバイトを、週4か5でやってたんですけど。

テリー もう本業だよね。それでどのぐらい稼いでたの? 20万とか?

渡辺 そんなにいかないですね。十数万ぐらいです。

テリー 長谷川さんは?

長谷川 僕は水道料金の徴収をしてました。料金を滞納してる方に(インターホンを)ピンポーンって押して「払ってください」みたいな。それを月15日ぐらいやってたんで、ほぼ生活費はそれで賄ってましたね。

テリー というと15万ぐらい?

長谷川 そうですね。

テリー 家賃はどのぐらいだったの?

長谷川 5万円です。

渡辺 僕はずっと実家にいて。だから、なんとか生活できてたんですけど。

テリー そうか。じゃあ、このブレイクはご家族も喜んでくれてるね。

渡辺 うちは親父と2人暮らしなんですけど、ほんとに喜んでくれてますね。録画予約を「錦鯉」でしてくれていて、「最近、睡眠不足だ」って言ってます。

テリー うわぁ、俺泣いちゃうな。お父さんいくつ?

渡辺 72です。

テリー 俺と変わらないよ。

長谷川 うちは札幌に母親が1人で住んでるんですけど、M-1に出る前は「5000円貸して」とか、ちょこちょこ電話してて、もう僕からの電話に出るのは嫌だって言ってたんですよ。

テリー そりゃ、そうだよ。50近い息子が5000円ってさぁ。

長谷川 だから、いつもすごく暗い声だったんですけど、やっとこういう状況になって、初めて仕送りをして。メチャクチャ喜んでくれましたね。

#水道料金 #M1グランプリ #北海道 #東京 #芸人

錦鯉 売れるまで長谷川は「水道料金の徴収を月15日やってました」