SOPHIA都啓一&久宝留理子夫妻が新型コロナ感染 2人とも容体安定 都は軽い発熱、久宝は喉の痛み

ロックバンド「SOPHIA」のキーボード・ #都啓一 (49)と妻で歌手の久宝留理子(52)が新型コロナウイルスに感染したと4日、所属事務所が公式サイトで発表した。都は数日前から軽い発熱があり、久宝が喉の痛みがあったため、2人とも前日3日にPCR検査を受検。この日、陽性が確認された。2人とも「現状容体は安定」しているという。

2人は2001年に結婚。

同じ所属事務所ドロップスは、都について「数日前から軽い発熱があったため、5月3日に医師の指導によりPCR検査を受検したところ、本日、陽性であると判断されました。陽性判定を受け、保健所の指示に従い療養する予定です。尚、現状容体は安定しております」、久宝については「喉の痛みがあったため、5月3日に医師の指導によりPCR検査を受検したところ、本日、陽性であると判断されました。陽性判定を受け、保健所の指示に従い療養する予定です。尚、現状容体は安定しております」と説明した。

#SOPHIA #都啓一 #妻 #新型コロナ #感染

SOPHIA都啓一&久宝留理子夫妻が新型コロナ感染 2人とも容体安定 都は軽い発熱、久宝は喉の痛み