《失恋を苦にして2人の友人が亡くなった》北タイには「集落が承認しない結婚は不可」という山村がある

《ブタの額に棍棒を振り下ろし、喉元を踏んでとどめを刺す》精霊信仰の村で“生け贄”が続けられる理由 から続く

日本に本部を置くNGOの現地担当として、北タイの山奥で調査活動を行う日本人研究者・富田育磨氏が出版したエッセー「 北タイ・冒険の谷 」(めこん)が話題だ。

富田氏が1年の大半を過ごしている北タイの集落はミャンマーやラオスと国境を接した山地にあり、電気も通じておらず、郵便も届かず、もちろん携帯電話やインターネットも使えない。そこではタイ語とは違う言語を持つ、カレン族やアカ族などの少数民族が、山の斜面で焼畑等を行ない、自給自足的な生活を営んでいる。

彼らが過酷な自然環境を生き抜き、持続可能なかたちで共同体を営むために培った生活の知恵とは一体どんなものか。2008年から10年以上にわたって富田氏が研究に没頭し続ける、現地文化の魅力に迫る。(全4回の2回目。 #1 から読む)

村の峠からの眺め。 #宮崎駿 監督の描く飛行体が現われそうな大空が広がる

ここには「大げさな深呼吸」を習慣にする人はいない

一時帰国中のことだ。せまい仕事場の窓から新宿の高層ビル群をふと眺める。すると街全体が、換気扇のついていない部屋のように錯覚されることがある。建造物に囲まれた場所だと、空気がどうも使い回されているような気がするからだ。

一方、北タイの山奥に戻って、村はずれの峠や焼畑から辺りを見渡す。高木の密生する山並みがどこまでも続く(写真)。日射しの加減で、山肌は所々で白っぽかったり黒っぽかったりする(写真)。空気を吸い込むと、酸素が体内に溶け込んでくるのがわかる。

──以前なら、そんな深呼吸ができた。でも最近はそうもいかない。なるほど都会から来た部外者にしてみれば、密林での仮り住まいは、ふだんの人工的な暮らしから離れて、リフレッシュするのに都合がよい。でも土地に根ざす村びとにしてみたらどうか。森林浴や大げさな深呼吸を習慣にしている村びとを、ここでは見かけない。

1人は立ち木に縄をかけ、もう1人は猟銃で…

密林がそれまでと違って見えてきたのには、きっかけがある。数年前、近くの山村に住む友人二人が、相次いで自死した。ともに独身だった。この手の事件は集落のタブーだ。でも村の中年男たちが酔いにまかせて口走るのを、私は聞いた。二人とも失恋を苦にして、一人は立ち木に縄をかけ、もう一人は猟銃で命を絶ったらしい。

これを境に私は、密林の上辺を静物画のように愛でていないで、密林の中へ時には立ち入ろう、と決めた。

意外にも、若者の一人が、小声で話してくれた。

自死の二件と直接関係はないものの、「両親から許しが得られても、集落が承認しない婚姻は不可」という山村もある。村の慣習に横やりを入れかねないヨソ者の転入を阻止するためだ。村の娘と、村外の異教の男との恋仲はとりわけうとまれる。これには然るべき理由がある。そもそも山村には、人手、資金、技術が充分にない。その上で昔ながらの宗教儀式、農作業、家屋建築、道普請、灌漑工事を満足に行なうには、村びとどうしの固い結束が不可欠なのだ。

勢いに任せての駆け落ちもできない

集落からの不承認に従わなければ、当人たちはもちろん、その親兄弟までが、何らかの制裁を受けかねない。里山への出入りを禁じられ、また村神をいただく成員組織から外されるかもしれない。

だから、勢いに任せての駆け落ちもできない。あらがうなら、婚約を解消したあとで、村からひっそりと退出するまでだ。でも耕作地を放棄してよそに移るのはむずかしい。思い切ってふもと町へ出ようにも、そこで通用する主要民族語の北タイ語が不得意だ。

こんな込み入った話を聞くと、壮大な密林を眺めていても、思いがけず胸がふさがることがある。「悲恋などハナからない」と、密林がシラを切っているようにも見えるからだ。

「油をさそう」“婚期をほぼ逃した”と自認する村の男たちが私に言ったスラングの意味 へ続く

(富田 育磨/Webオリジナル(特集班))

#タイ #集落 #失恋 #友人 #結婚

《失恋を苦にして2人の友人が亡くなった》北タイには「集落が承認しない結婚は不可」という山村がある