ドラマ緊急降板の佐野史郎「放っておくと死に値する」ほどの深刻症状

狂気じみた怪演をしたかと思えば、陽気で気さくな演技まで。主役も張れば、脇も固める。強烈な存在感と圧倒的な演技力で、日本を代表する俳優の1人として知られる #佐野史郎 (66才)が異変を感じたのは、4月上旬のことだった──。

「本日から佐野史郎さんの代役で、水口武史役をやらせていただく平田満です」

現在放送中のドラマ『リコカツ』(TBS系)がクランクインしてから2か月が経ち、放送はすでに3話まで終了している。緊張感に包まれた現場に、突然の代役登板となった平田満(67才)の声が響いたのは、5月初旬のことだった。

運命的な出会いで“交際ゼロ日婚”をしたものの、価値観の違いから大げんかが絶えず、新婚早々離婚を決意──今作の3話まで #北川景子 (34才)演じる主人公の父親役という、重要な役を演じてきたのが佐野史郎だ。

美人の妻がいるのに若い女性と堂々と浮気するなど、危なっかしい父親を演じ、視聴者をドキドキさせてきた佐野が「体調不良」のため、突然降板することになってしまったのだから大変だ。

「4月中旬、39℃の発熱があったため、新型コロナの可能性もあるということですぐに病院を受診。PCR検査を行ったところ陰性だったが、その後に受診したクリニックの医師に“放っておくと死に値するほど、腎臓の数値が悪い”と言われ、すぐに入院することになりました」(ドラマ関係者)

腎臓機能障害が明らかになり、少なくとも1か月は仕事ができない状態のため、スタッフは急いで代役探しに奔走。佐野が緊急入院を言い渡されてから1週間後には、平田の撮影スケジュールが組まれたという。

一般的に腎機能が低下すると、体内から老廃物が排泄されなくなり、腎臓の働きが30%以下になったら腎不全と診断される。吐き気や食欲不振などが腎不全の主な症状で、自覚症状があると病状が進行しているケースが多い。腎不全には急性と慢性があるが、前者なら治療によって改善の余地があるとされる一方、後者は現代の医学では改善が難しいといわれている。

「今回、佐野さんの事務所からは具体的な症状は発表されていませんが、責任感の強い彼が降板するほどですから、医師が言ったとされる“死に値する”というのは大げさではなく、相当、深刻な症状だった可能性があります。

3話目の撮影時、佐野さんはいつも通り演技されていましたし、傍目には元気そうに見えました。いま思えば、周囲に心配をかけまいと必死に平静を装っていたのかもしれません。ものすごいプロ意識だと思います」(前出・ドラマ関係者)

佐野は今クール、『リコカツ』だけでなく『 #特捜9 season4』(テレビ朝日系)にも出演中。特捜班に圧力をかける東京地検次席検事という役回りで、「特捜班vs地検」のキーマンになると目されていただけに、降板の影響は大きそうだ。

「『リコカツ』と『特捜9』は同じ頃にクランクインし、佐野さんは掛け持ちで撮影をこなしていました。コロナで舞台の仕事が激減する中、ドラマの出演が決まって喜んでいたそうです。4月末までは健康面の不安などまったく感じさせなかっただけに、周囲も本当に驚いています」(テレビ局関係者)

2019年にはバラエティーで骨折の大ケガ

佐野は島根県で代々続く医家に生まれ、高校卒業後に上京。しばらく絵を学んだ後に、1975年に劇団「シェイクスピアシアター」の創設メンバーに参加。その後も #唐十郎 主宰の「状況劇場」など、舞台を中心に活躍した。

1986年には映画『夢みるように眠りたい』で初主演し、1987年のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』に出演するなど、活躍の場を広げたが、佐野の名を一躍有名にしたのは、なんといっても1992年の『ずっとあなたが好きだった』(TBS系)だろう。「冬彦さん」の怪演は、いまなおマザコン男の代名詞のようになっている。その後はバイプレーヤーとしてひっぱりだこで、2018年には『限界団地』(フジテレビ系)でついに連続ドラマ初主演を果たした。

「もう30年近く、佐野さんはドラマに出ずっぱりで、その間に映画の撮影や舞台、音楽活動など多忙極まりない日々を過ごしてきました。長い間の疲労の蓄積が、今回の入院につながったのかもしれません」(前出・ドラマ関係者)

私生活では1986年に同じ劇団に所属していた女優・石川真希(61才)と結婚。1996年には東京郊外に二世帯住宅を建て、いまも佐野夫妻が2階に、石川の両親が1階で生活している。

「家族のことは表立っては明かしていませんが、30才間近の娘さんがいて、舞台芸術の仕事をしている。彼女もひとつ屋根の下で暮らしていて、コロナ禍の前には、佐野さんとよく飲みにも出かけていましたよ」(佐野の知人)

実は、佐野が入院を余儀なくされたのは、約1年半ぶりである。2019年の大晦日に放送されたバラエティー特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)のロケに参加し、大けがをしているのだ。

「佐野さんがドラム缶の上部を覆った板の上にあぐらをかいて座り、ラーメンをすすっている。その最中にドラム缶の中で液体窒素を入れたペットボトルを破裂させ、その勢いで数センチ体が浮いた状態になっても、佐野さんがラーメンを食べ続けるという企画でした。でも、実際のロケでは、佐野さんがペットボトルの破裂の勢いで吹き飛ばされてしまい、腰の痛みを訴えて病院に直行することになったんです」(別のテレビ局関係者)

診断結果は第三腰椎を骨折する全治2か月の大けが。手術は回避できたものの、2週間の安静の後にリハビリが必要とされた。

「このとき、佐野さんは“入院中ではございますが、当面のお仕事に対しましては順次対応させていただきたいと存じます”とすぐにコメントを出しました。自分が大変なときにも、今後の仕事のオファーのことを考えるなんて本当に根っから仕事が好きなんですよね。

入院中は現場に行けないもどかしさを感じていたようで、病室にパソコンを持ち込んで、台本のチェックや執筆など、できる仕事をしていましたよ。ツイッターに寄せられたファンからのお見舞いのメッセージにも、病床から一つひとつ丁寧に返信していました」(前出・佐野の知人)

今回の入院は、佐野に変化があった矢先の出来事だった。

「佐野さんは今回の入院後、“プロの俳優として恥ずかしい限りです”と、病気になったことを詫びています。でも実際は、謝る必要なんてないほど真面目な生活を送っていたんです。実は、あのけがをきっかけに、“役者は体が資本”だと考え、たばこもお酒も控え、以前に比べて食事など健康面にも気を配るようになっていたんです。それなのに……」(別のドラマ関係者)

早く復帰して、佐野ならではの演技を見せてほしい。

※女性セブン2021年5月20・27日号

#ドラマ #降板 #深刻 #俳優

ドラマ緊急降板の佐野史郎「放っておくと死に値する」ほどの深刻症状