仲万美、マドンナから直電で「今からうちに来なさい」と呼び出されて…

今回ご紹介するのは、『ドリームズ・オン・ファイア』。ダンサーになる夢を追い続ける女性・ユメの奮闘を描いたダンス・ムービーです。本作で映画初主演を果たした仲万美さんにお話をうかがいました。

【イケメンで観るドラマ&映画】vol. 80

「夢のために歩き続ける方の炎になれば嬉しいです」

『ドリームズ・オン・ファイア』の見どころは、ユメがダンサーを目指す過程で描かれるダンス・シーン。

仲万美さんは、2015 年にマドンナのバックダンサーとしてワールドツアーに同行し、活動をともにした世界的ダンサー。加藤ミリヤさん、 BoAさん、椎名林檎さんなどのバックダンサーをつとめたことも。

今年2月10日に配信リリースされた東京スカパラダイスオーケストラの新曲『多重露光 feat.川上洋平』のミュージックビデオでは、怪しく妖艶に踊る謎のダンサー役として出演し、その圧倒的な存在感で注目を集めました。

2019年には、映画『チワワちゃん』で俳優デビュー。今年は初主演映画『ドリームズ・オン・ファイア』のほか、舞台ROCK OPERA 『R&J』のヒロインに抜擢されるなど、活躍の場を広げています。

ーーフィル・メッキー監督から、本作のオファーをいただいたとき、どう思いましたか?

仲さん 初主演映画でしたから、すごく嬉しかったです。それと同時に、ダンスの映画だと聞いて、この役を演じるのは自分しかいないという気持ちも抱きました。フィルは映像化したいと強く願っていて、彼のためにも頑張りたいと思いました。

ーーユメに共感したところを教えてください。

仲さん 共感というよりも、学びの気持ちが大きかったですね。どんなに傷ついても立ち上がり、夢をあきらめない。自分は心が折れると立ち上がるのに時間がかかるので、ユメはすごいなと思いました。

ーーいま、身に着けていらっしゃるアクセサリーは、映画でつけていたものですよね。

仲さん 映画で身に着けているものはぜんぶ私物なんです。フィルから「こういうイメージの衣装を用意できない?」と相談されて。スタイリングしました。

ーー『チワワちゃん』では門脇麦さん、成田凌さんら若手実力派俳優陣と共演されていました。今回はユメがバイトするキャバクラ店長役の髙嶋政宏さんやユメの父親役の麿赤兒さんら、ベテランの個性派俳優陣と共演されていますが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

仲さん 自己紹介をした後にすぐ演技をすることもできるのですが、おふたりは演技する前のコミュニケーションを大切にしていて。髙嶋さんからはずっとSMの話を聞かされていました。初めての会話がSM(!?)と思いつつ、楽しい時間を過ごしました(笑)。

ーーSM趣味を公言している髙嶋さんだけに、キャラがぶれないところはさすがですね。劇中、仲さんは髙嶋さんにかなりボディタッチされていましたが……(笑)。

仲さん ボディタッチは、ほとんどアドリブなんです。私が素で驚いている姿も演技のスパイスになっていると思います。

ーー髙嶋さんは洋楽好きとしても知られていますが、マドンナのお話をされたことは?

仲さん マドンナについては何も聞かれませんでした。ずっとSMのお話をされていました(笑)。

ーーマドンナと言えば、2015年の英音楽賞でマドンナがケープの着脱に失敗してステージから落下するという伝説のハプニングが起こりました。あのとき、マドンナのケープを持っていたダンサーが仲さんですよね。

仲さん そうなんです。あの瞬間は、「自分はもう死んだ」と思いました。マドンナかマドンナのファンに殺されるだろうと。ところが、マドンナは一切、私を責めることはせず、「私を殺そうとしたんだから、ワールドツアーについて来なさい」と、ブラックジョークで仕事のオファーをしてくれたんです。

ーー良い話ですね。一方で、マドンナはダンサーたちの管理の一環として、食べ物やお肌の調子までチェックしていたとか。

仲さん その場にいなくても全部知っているんです。まるでお母さんみたいな存在でした。

ーー映画で苦労したところは?

仲さん ほとんど毎日踊るシーンがあったので、筋肉痛になりました。

ーー世界的ダンサーの仲さんであっても?

仲さん いえいえ。私だからこそ、ですね。普段、踊っているジャンルが手振りなので、ヒップホップダンスで足を使うと、「あいたた……」となってしまうんです(笑)。エネルギー飲料を飲んで気合いを入れながら、やり遂げました。

ーー最後に、映画の見どころを教えてください。

仲さん 『ドリームズ・オン・ファイア』にはいろいろなダンスの表現が登場します。ダンスに興味がない方はより衝撃を受けるだろうし、ダンスに興味がある方は新鮮な驚きを感じると思います。

ユメが夢を叶えようと奮闘する物語にも注目していただきたいです。追いかけた夢が必ず叶うとは限らない。でもあきらめずに立ち上がれば、何かを得られる。この映画が夢のために歩き続ける方の炎になれば嬉しいです。

インタビューのこぼれ話

ある日、マドンナから直電で「いまからうちに来なさい」と呼び出された仲さん。マドンナの自宅を訪問したら、ベッドに洋服が山盛りになっていて「好きなものを持っていきなさい」と言われたこともあったそう。プライベートな空間への立ち入りを許されるほど、マドンナに信頼されていた仲さん。今後の活躍に注目です!

Information

『ドリームズ・オン・ファイア』

5月15日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

出演:仲万美、髙嶋政宏、麿赤兒、黒田育世、奥田咲、紅林大空、メデューサ・リー、山下雫ほか

配給:DOF

写真・大内香織 文・田嶋真理

写真・大内香織 文・田嶋真理

#エンタメ #anan

仲万美、マドンナから直電で「今からうちに来なさい」と呼び出されて…