国分太一、意外な“苦手なこと”を告白して反響 「いつか格好良く…」

#TOKIO#国分太一 が12日、自身の公式ツイッターを更新。意外な“苦手なこと”を告白して反響を呼んでいる。

■顔はクール、心はドキドキ

国分は、「電子マネーでお買い物。今日もうまく使えない。顔はクール。でも心はドキドキしながらいつも使ってます」と告白。続けて、「ぼくは負けない。いつか格好良くピッ! と鳴らしてやりますよ〜」とツイートした。

■ツイッターは1ヶ月でマスター

国分といえば今年3月にツイッターを開設。当初こそ戸惑ったものの、1ヶ月間で公式マークやアイコンの設定、ハッシュタグやリプライなどをマスターした。

現在ではアンケート機能を使ったり、動画を投稿したりと使いこなしており、年齢も46歳。電子マネーが苦手だというのは少し意外な印象だ。

■“苦手派”からの共感も

ちなみに、過去にしらべぇ編集部が全国の10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の59.5%と、半数以上の人が「キャッシュレス決済サービスを使った経験がある」と回答していた。

国分のツイートには、フォロワーから「がんばれー」「覚えちゃえばこっちのもんですよ」「おばちゃんでも使えます! 大丈夫」と多数のエールが届いた。

その一方で、「電子マネー使ったことないです」「やっぱりドキドキするよね」「全くダメで使ってないです」「私はまだ現金です」と“苦手派”からの共感の声も寄せられている。

(文/しらべぇ編集部・けろこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年12月11日〜2020年12月18日
対象:全国10代〜60代の男女3,140名 (有効回答数)

#告白 #国分太一 #反響 #電子マネー #TOKIO

国分太一、意外な“苦手なこと”を告白して反響 「いつか格好良く…」