「24時間テレビ」マラソンやるのか 聖火リレー辞退続出、五輪も雲行き怪しいのに

毎年恒例「24時間テレビ」(日本テレビ)が、今年も実施される。昨年と同じく無観客で、2021年8月21、22日に放送される。同番組の目玉企画のひとつに「チャリティーマラソン」がある。タレントがランナーに選ばれ、走るのが慣例だ。

一方で、東京五輪の聖火リレーでは、コロナ禍の影響で芸能人ランナーの辞退が続出、五輪の中止を求める声も、日に日に大きくなっている。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、チャリティーマラソンはどうなるのか。

#TOKIO も聖火ランナーだったが

24時間テレビは今年で44回目。メインパーソナリティーはアイドルグループ「King & Prince」が初めて務める。「想い〜世界は、きっと変わる。」をテーマに、東京・両国国技館で開催予定だ。公式サイトでは企画の詳細は「今後随時発表」となっており、2021年5月12日時点でマラソンの実施については明らかになっていない。

東京五輪の延期が決まったのは、20年3月末だった。それから1年以上が過ぎた今、新型コロナの感染拡大は収まるどころか悪化している。今年3月から聖火リレーがスタートしたが、これまでに俳優の #佐藤浩市 さん、エッセイストの #阿川佐和子 さん、 #黒木瞳 さんほか、ジャニーズ事務所所属でもTOKIOが、決まっていた聖火ランナーを辞退した。

日本国内ではワクチン接種がまだ進んでおらず、感染への備えも十分とは言えない。現在高齢者を対象に接種が始まったが、予約の段階でトラブルが連発している。

この状態で、24時間テレビでのマラソン実施を不安視する人も多い。ツイッターには、聖火リレーの辞退者が相次いでいるのに、番組でマラソンはやらないでほしい、クラスターが心配だ、との声も出ている。

昨年はコロナ禍で「募金ラン」

「24時間テレビ」では、1992年に #間寛平 さんが初代ランナーを務めて以来、これまで毎年必ずマラソン企画が実施されている。

昨年は、新型コロナの影響で公道でのチャリティーマラソンは中止に。それでもマラソンは「募金ラン」というかたちで行われた。シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんを筆頭に、吉田沙保里さん、土屋太鳳さんらが参加。私有地内にあるコースを周回するごとに10万円を寄付する仕組みで、ランナー自ら寄付をする趣旨に戸惑いの声があがった。

東京五輪の開会式は、番組放送の約1か月前の7月23日に予定されている。放送後の8月24日には、東京パラリンピックの幕が開く。もし五輪・パラリンピックが中止になったら——。それでも、24時間テレビでマラソン企画は実施されるのだろうか。

#五輪 #24時間テレビ #マラソン #聖火リレー #辞退

「24時間テレビ」マラソンやるのか 聖火リレー辞退続出、五輪も雲行き怪しいのに