アンガ田中が聖火ランナー辞退 「簡単に決められるものではありませんでした」

#アンガールズ 」の #田中卓志 (45)が13日に自身のインスタグラムを更新。5月18日に広島県内で予定されていた聖火ランナーを辞退したことを明かした。

「広島県内での聖火リレーに参加予定でしたが、緊急事態宣言延長の状況を鑑み、参加について慎重に考えて辞退をさせて頂きました」と報告。「生まれ育った広島県府中市を走れることをとても楽しみにしていた反面、医療関係者の方達のご負担や関係各所のお気持ちを思うと、簡単に決められるものではありませんでした」と複雑な心境を明かした。

「誰もが納得した形で迎えるのは難しいかもしれませんが、広島のランナーを務められる皆さん、調整を続けていらっしゃる関係者の皆さんにとって聖火リレーが良い形で残るよう、安全と成功を願っております」と締めた。

広島県府中市の「ふるさと大使」をアンガールズとして就任。インスタでは、同市の60周年記念大使のイラストを載せ、郷土愛をのぞかせた田中。2月にはテレビ番組で「オリンピックは好き。(五輪の盛り上げに)協力できるんだったらやりたいという気持ちは今でも変わらない」と話していた。

この決断にフォロワーからは「医療従事者として辞退ありがとうと伝えたいです」「田中さんの思いが広島や関係者の皆さんに伝わりますように」「勇気ある決断」などの声が挙がった。

#辞退 #聖火ランナー #アンガールズ #田中卓志 #インスタグラム

アンガ田中が聖火ランナー辞退 「簡単に決められるものではありませんでした」