新木優子、中川大志が恋に落ちるヒロインに「ボクの殺意が恋をした」出演決定

【モデルプレス=2021/05/15】女優の #新木優子 が、俳優の #中川大志 が主演を務める7月スタートの日本テレビ系新日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(毎週日曜よる10時30分〜 ※放送話数、初回放送日未定)のヒロインを務めることがわかった。
◆中川大志主演「ボクの殺意が恋をした」
中川が地上波GP帯連ドラ初主演となる今作は、身体能力100点、ルックス100点、でも、殺しの才能0点。最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋しちゃう!?殺意と恋が入り混じる、スリリング・ラブコメディ。
自分の育ての親が、“伝説の殺し屋”とは知らない主人公・男虎柊(おのとらしゅう)。しかし、その“伝説の殺し屋”が何者かに殺されたことで日常が一変。育ての親の仇を討つため「殺し屋家業」を継ぎ、殺し屋になることを決意する。

そして主人公は用意周到に暗殺ターゲットの女・鳴宮美月(なるみやみつき)に近づくが…殺し屋としての身体能力は申し分ないにも関わらず、自らの間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せない…!逆に、危険が迫るターゲットを守ってしまうことに…!?恋に落ちてはいけない(落ちるはずもない)2人が、まさかの恋に…!?
そして暗殺ターゲットの女には他人には言えない“ある秘密”が。果たしてターゲットの女の正体&狙いとは?“殺し屋とターゲット”というロミオとジュリエット的な禁断の恋の行方は!?最高に“間が悪い”殺し屋は、“暗殺ターゲット”の女を殺すことができるのか?
◆新木優子がヒロインに決定
そしてこの度、ヒロイン“鳴宮美月”役に新木が決定。数々の映画やドラマ、CM、雑誌にとその美貌と愛らしいキャラクターで活躍する新木が今回挑むのは、主人公・男虎柊の暗殺ターゲットで大人気漫画家、クールビューティーで気が強い女性の“鳴宮美月”。
“間が悪い”為に、殺すどころか守ってしまう柊。そんな柊に、守られることで次第に惹かれていく美月…。しかし美月は大きな秘密を抱えており…。2人の関係はいったいどうなっていくのか注目だ。(modelpress編集部)
◆新木優子コメント
Q.出演が決まったときのお気持ちをお聞かせください。
今まで見たことのない要素が詰まったラブコメということで脚本を読んでとてもワクワクしました!“殺意”と“恋”という交わることない2つの要素が交わり、その中でキャラクターが生き生きとしてる世界観に早く挑戦したい!という気持ちでいっぱいです。
Q.新木優子さんが演じられる 鳴宮 美月 役に、どんな感想をもたれましたか?また、どんな風に演じたいなどありましたら、意気込みをお聞かせください。
クールビューティー、ドライ、人嫌いで、色で例えると寒色。スキが見えないそんな性格だけど気になる人を目の前にすると動揺してしまう、人間らしいキャラクターにすごく引き込まれました。ピュアな主人公が、ターゲットなのに思わず心惹かれてしまう魅力が出せるよう台本と向き合い楽しみながら演じたいです。
Q.“間の悪い”殺し屋を演じる中川大志さんとの共演、楽しみにしている点などありましたら、お願いいたします。
中川大志さんは間の悪い主人公とは正反対の空気を読みながら場を和ませられるしっかりとしたイメージがあるので、そんな中川さんが演じる間が悪い愛すべき主人公がどんなキャラクターになるのかとても楽しみです!
Q.視聴者のみなさんへのメッセージをお願いします。
今まで見たことがないような脚本で、自分自身とてもワクワクしています。オリジナルドラマならではの、動きがあって変化球がたくさんのストーリーの中で、“殺意”と“恋”という交わるはずのない要素が交わり、ハラハラ、ドキドキしながら楽しんでいただけるドラマになると思います。家にいることが多くなったからこそお家時間を思いっきり楽しめるドラマにできるよう、楽しみながら一生懸命撮影に挑みたいと思います。
◆中間利彦プロデューサーコメント
新木優子さんは、クールな大人の魅力溢れる表情を見せる一方で、可愛らしいチャーミングな笑顔も併せ持った、「相反する2つの魅力」がある方だと思います。今回演じて頂く美月は、クールでミステリアスなのですが、主人公の柊と接する中で徐々に「素の自分」が出てきてしまう…という役どころ。相反する2つの魅力がある新木さんは、まさに美月ピッタリだと確信し、オファーさせて頂きました。
美月にはあっと驚く【大きな秘密】があり、それが明らかになった時、美月(新木さん)がどんな表情を見せてくれるのか…今から楽しみで仕方ありません!殺意と恋が入り混じる、なかなか新しいラブコメディにご期待下さい。

#中川大志 #新木優子 #ヒロイン #主演 #俳優

新木優子、中川大志が恋に落ちるヒロインに「ボクの殺意が恋をした」出演決定