マツコ、SNS発振り付け師の才能に脱帽 バケモノバケツ委員会&えりなっちと対面

タレントの #マツコ・デラックス がMCを務める15日放送の日本テレビ系『マツコ会議』(毎週土曜 後11:00)では、YouTubeやTikTokで話題になり、振り付けのオファーが殺到している「SNS振付師」を深掘り。若者から支持を集めるバケモノバケツ委員会と、えりなっちが登場する。

仮面ライアー217といりぽん先生からなるバケモノバケツ委員会。仮面ライアー217は #EXILE のバックダンサーとして活動していたという経歴の持ち主。いりぽん先生は、アイドルグループの一員として活動しながら、日向坂46、すとぷりなどに振り付けを提供している。2人が話題になったきっかけは、カッコいいダンスを見せることが全盛だった時期に、いりぽん先生がシンプルな動きを繰り返すオリジナルダンスをYouTubeに投稿したこと。

その動画は、260万回再生を記録。仮面ライアー217は「こういうダンスはこういう振り付け、みたいなセオリーがあるけど、いりぽんの振り付けはそういったものを一切度外視して、どんな人でも一回見ただけでマネできるキャッチーさがある」と、人気の理由を分析する。マツコも「いりぽん先生は、ちゃんと踊れるのよ。そこはね、みなさん勘違いしちゃダメですよ。計算してますからね」と、そのテクニックを称賛する。

続いては、TikTokからブレークを果たした振付師のえりなっち。3年前まではアルバイトで生計をたてていたが、手の動きだけで感情を表す“あわあわダンス”が女子中高生の間で話題に。韓国や中国など海外でもマネされるほど人気になり、いまでは有名企業からCMの依頼がくるほどになったそう。えりなっちは、「数多くいる振付師の中から、自分を知ってもらうためのツールとしてTikTokの拡散力はすごい」と語る。このあとも、テレビCMとは一味違ったSNSでの振り付けの特徴やテクニックが続々と登場する。

#マツコ #SNS #タレント #マツコ・デラックス #日本テレビ

マツコ、SNS発振り付け師の才能に脱帽 バケモノバケツ委員会&えりなっちと対面