天海祐希、佐藤浩市、仲野太賀 … ‟Eテレのニッチでマイナーな番組”『昔話法廷』の演者と脚本家が豪華すぎるワケ

「煙突の下に鍋を用意したこぶたは、狼に計画的な殺意があった?」‟判決の出ない法廷ドラマ ”『昔話法廷』のヒントとなった‟ #三谷幸喜 作品”とは から続く

NHK Eテレで2015年から2021年3月にかけて放送された、平日午前中のとある番組が、豪華キャストの起用と、革新的な内容で話題を集めた。

その番組は『 昔話法廷 』という法廷ドラマシリーズ。誰もが知っている有名な昔話をモチーフに、作中の登場人物の行動を罪に問い、その供述や検察官と弁護人の質疑をもとに裁判員が判決を考えるという内容だ。そして、番組の中で裁判の判決は描かれない。あくまでストーリーは、裁判員の判断材料となる犯行の状況や動機の説明に終始し、「有罪か無罪か」「執行猶予か実刑か」「死刑にするかしないか」は、視聴者自身が考える内容となっている。

この番組を企画立案し、全ての作品の演出を手がけたNHK制作局ディレクター・平井雅仁氏に、出演した豪華俳優や脚本家の起用について話を伺った。(全2回の2回目。 前編 を読む)

名だたる俳優たちが生み出す説得力

——最終章の「桃太郎」では #天海祐希 さんや #佐藤浩市 さんを起用し、それ以外の回でも豪華キャストが話題になりましたが、俳優の人選にこだわりはあったのでしょうか。

「桃太郎」には天海祐希さんが出演

平井 ターゲットである子どもたちを惹きつけるために意識していたのは、「大人が楽しめるホンモノ」を作るということです。“子どもだまし”なものを作っても、子どもには見抜かれてしまいます。

「昔話で裁判する」って、それ自体がかなりのファンタジーです。ファンタジーなものをファンタジーとして作ってしまったら、こういうものの面白さは出ない気がして、とにかくリアルに大真面目に作ろうと決めていました。それは、脚本も、役者の演技も、動物のマスクも全部そうです。「笑わせよう」と思ってやった演出は一つもないんです。ファンタジーにリアルやシリアスが掛け合わされるからこそ、独特のシュールさが生み出されると考えていました。

そうすると、オファーを出す俳優さんは、必然的に「このファンタジーに説得力を与えてくれる演技力や雰囲気を持った方」ということになりました。豪華さをねらったわけではありませんが、名だたる方に出てもらえたら、番組が持つ世界観とのギャップで、面白さは際立つだろうなという思いはありました。

Eテレのニッチでマイナーな番組に豪華キャストの理由

——多くの著名な俳優がオファーを承諾した要因はなんだったのでしょうか?

平井 『昔話法廷』は、いつ放送しているかもよくわからない、Eテレのニッチでマイナーな番組です。朝ドラや大河ドラマとは違って、演者さんにとっては出演しても大した得にはならないと思うんです。

けれど、みなさん、「なにソレ! 自分もやってみたい」と企画自体を面白がってくださるんですよね。そして、「子どもたちが使う教材を作る」ということを意気に感じて、手抜きなく演じてくれました。

それは、声だけの出演の人も同様です。例えば「さるかに合戦」回で猿の声を担当してくれた #中村倫也 さん。収録ブースで実際に涙を流しながら、声を振り絞って何度も演じていました。みなさんのそういう熱い気持ちは作っている側としてはとても嬉しいですし、誇りに思います。

それが番組の熱になって視聴者に伝わり、多くの方に楽しんでいただけたんだと思っています。

最終章「桃太郎」 俳優・仲野太賀への熱烈オファー

——番組HPでは、最終章「桃太郎」の配信が始まりました。見どころについて教えてください。

平井 とにかく、演者の皆さんの“演技合戦”がものすごいですよね。序盤、鬼の妻役の #仲里依紗 さんが涙ながらの熱演で一気にハードルを上げて、白石加代子さんが雰囲気たっぷりに桃太郎のおばあさんを演じた。そして、桃太郎役の仲野太賀さんも、ほんとすごかった。

——桃太郎が鬼を襲った理由とその背景が徐々に明らかになるところで、仲野さんの迫真の演技に目が離せなくなりました。

平井 当初から、桃太郎役は、どうしても仲野さんにお願いしたいと思っていました。今回の桃太郎って、とても難しい役どころだと思うんです。大勢の人を救った英雄然としたイメージだけでなく、複雑な心情を演じなければならない。証人たちの話を聞いている時の何を考えているかわからない不穏さ、胸の中に蓄積された怒りや悲しみ、あるいは罪を犯してしまう幼さや危うさ……。仲野さんはとても繊細に、熱量高く演じてくれました。

そして、天海祐希さんと佐藤浩市さんの存在感たるや、ですよね。声量やトーンまで計算し尽くしたお二人の言葉が、番組を見たみなさんの心を大きく揺さぶると思います。

森下さんの生み出す「深くて長い余韻」が必要だった

——そして、脚本を森下佳子さんが担当したことも話題になりました。

平井 森下さんは、『白夜行』(2006年・TBS系)というドラマを観て以来、大好きな脚本家さんでした。これは個人的な印象かもしれないのですが、森下さんがお書きになる作品て、どれも、とてもシンプルだと思うんです。

今年放送された『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系)も、“刑事と殺人鬼の心が入れ替わる”という仕掛けこそ難解ですが、観終わったあと胸に残るものは、いたってシンプルというか。だからこそ、深くて長い余韻がある。

「桃太郎」回で、「差別や偏見」をテーマに扱うことは最初から決めていました。ただでさえ重くて敬遠されがちなテーマです。それらを、視聴者に、番組を観た後も考え続けてもらうためには、森下さんの生み出す「深くて長い余韻」が必要だと思いました。

はじめは、こんなニッチでマイナーな番組引き受けてもらえないだろうなぁと思って、オファーを躊躇していました。そんな時、森下さんの過去のインタビューを見つけたんです。そのインタビューで、森下さんは、「作品を書く上で大切にしているのは、両義性。一人の悪者を描くときにその悪者の視点も忘れないように描く」とおっしゃっていました。『白夜行』が大好きな理由もまさにそこにあるのですが、それを読んで、この番組の意図している部分とハマった気がして、思い切って手紙を書きました。

観返してくうちに感じることが変化していく番組

——最終章の「桃太郎」でシリーズは完結でしょうか。

平井 これまで学校教材として11本を作ってきて、考えてもらう争点やテーマは一通り揃ったかなというのが、一区切りつけた理由です。

それに、教材である以上、判決がなるべく五分五分に分かれるようにしなければならないので、そうすると、どの昔話でもできるわけではないんですよね(笑)。でも、また何か、面白い案が思い浮かんだら、作ってみたくなるかもしれないですね。その場合は、裁判員裁判ではなくなりますが、民事事件も面白いかもしれません。

——改めて、視聴者に対してメッセージをお願いします。

平井 番組は、「 NHK for School 」というポータルサイトで全話配信しているので、学校の先生方にはぜひ授業で使っていただきたいですし、お家で親子いっしょに観て話し合ってほしいなと思います。作った本人が言うのもアレなんですが、『昔話法廷』は最初に観たときと、二度三度観返した時とで、感じることが変化していく番組だと思っています。番組を観たみなさんの世界が少しでも広がると嬉しいです。

※『昔話法廷』は、 NHK for School で全話公開中です。

(文=二階堂銀河/A4studio)

(A4studio)

#昔話 #Eテレ #天海祐希 #佐藤浩市 #仲野太賀

天海祐希、佐藤浩市、仲野太賀 … ‟Eテレのニッチでマイナーな番組”『昔話法廷』の演者と脚本家が豪華すぎるワケ