春の新バラエティがほぼ全滅 ステイホームでも低迷する2つの理由

今春始まったテレビ番組のここ1か月の“成績”、つまり視聴率が出揃ってきた。顕著なのは、新しく始まったバラエティ番組が軒並み低迷していることだ。“ほぼ全滅”とも言える状況に、テレビ関係者は頭を抱えているという。その理由とはいったい? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

* * *
春の新番組がスタートして、早くも1か月あまりが過ぎました。現在、テレビ業界をザワつかせているのは、夜の時間帯に放送されている「新番組の大半が低迷している」こと。各局はコロナ禍による収入減に悩まされているだけに、さらなるダメージを受けているのです。

まず下記に新番組の視聴率(ビデオリサーチ、関東地区、個人全体・世帯)を挙げていきましょう。

『オトラクション』(TBS系)個人2.4%、2.3%、2.3%、2.1% 世帯3.7%、3.7%、3.8%、3.6%。

『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』(関西テレビ・フジテレビ系)個人2.9%、2.2%、2.3%、2.2%、2.0% 世帯5.3%、4.0%、4.0%、4.0%、3.8%。

『オオカミ少年』(TBS系)個人3.5%、2.2%、2.5%、1.9% 世帯6.0%、3.7%、4.1%、3.4%。

『新しいカギ』(フジテレビ系)個人3.1% 世帯4.7%。

『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)個人3.8%、3.9%、3.2%、4.3%、4.2% 世帯6.6%、7.0%、6.0%、7.7%、7.3%。

『週刊さんまとマツコ』(TBS系)個人2.3%、2.2% 世帯4.4%、4.1%。

好感度トップの #サンドウィッチマン 、若手芸人筆頭の #霜降り明星 、大物の #ダウンタウン#明石家さんま さん、 #マツコ・デラックス さんらの番組であるにもかかわらず、個人、世帯ともに「合格ライン」と言われる数値の半分以下に留まるケースが続出しています。

唯一、好結果が出ているのは『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(中京テレビ・日本テレビ系)のみであり、個人7.0%、7.4%、7.4%、7.0% 世帯11.8%、12.3%、12.1%、12.0%を記録。前番組の『火曜サプライズ』と同じグルメ番組だけに、視聴者をスムーズに移行させ、さらに裏番組の低迷によって新たな視聴者層をつかんでいるようです。

どの新番組も見てもらうために、長時間の特番仕様や、ドラマ番宣を絡めた豪華ゲストの出演などの策を施していただけに、関係者のショックは計り知れません。なぜ今春の新番組はここまで受け入れられていないのでしょうか。

TBSが極端に低迷している理由

新番組の低迷と、その理由を掘り下げる上で1つふれておきたいのは、今春の改編で放送時間を移動した番組の視聴率。こちらもかなり厳しい結果が出ているのです。

『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)個人4.0%、2.7%、4.0%、2.2% 世帯6.8%、4.8%、6.5%、3.9%。

『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)個人2.8%、3.1% 世帯4.7%、5.0%。

『教えてもらう前と後』(TBS系)個人1.8%、2.5%、2.2%、2.2%、2.3% 世帯3.3%、4.7%、4.2%、4.0%、4.4%。

『家事ヤロウ!!』(テレビ朝日系)個人4.9%、5.1%、5.3%、5.8% 世帯8.9%、9.5%、9.7%、10.1%。

『バナナサンド』(TBS系)個人4.3%、3.9%、3.5%、2.1% 世帯7.1%、6.7%、5.4%、3.6%。

新番組も時間移動した番組も、そろって低迷しているのは、今春の改編がうまくいっていないことの表れ。なかでもTBSはテレビ東京を下回り、民放最下位に転落することも珍しくないなど極端な低迷が見られます。

ここまで数字が下がってしまった理由として考えられるのは、主に以下の2つ。まず1つ目は、「各局がこぞってファミリー層狙いの戦略に切り替えたことで視聴率を取りづらくなった」ことが挙げられます。

各局のファミリー層狙いはスポンサーのニーズによるものであり、ビジネスである以上この戦略は当然でしょう。しかし、各局がファミリー層狙いの戦略に集中しすぎたことで、限られたパイを奪い合うような状態になっているのです。

高齢化社会が進む中、「視聴率は50歳以上の影響力が極端に大きい」と言われ、特に「65歳以上の高齢者が見る番組は高くなる」という傾向もあり、だからこれまで医療・健康、生活情報、クイズなどの番組が量産されてきました。一方、ファミリー層向けの番組は対象人数の少なさやネットコンテンツとの競合などで、高齢者向けの番組ほど視聴率が取れません。そのため、よほど話題性のある番組でない限り、今回くらいの数値まで落ちても不思議ではないのです。

民放各局のなかでもTBSは、今春から重点ターゲットを10歳若返らせて4歳〜49歳に設定しました。日本テレビとフジテレビの13歳〜49歳と比べても若い層も狙っているため、必然的に視聴率という結果を得にくくなっているのです。

保守的なテレビ派は新番組を選ばない

2つ目の理由は、テレビを選ぶ視聴者の心理。「自分の意志で見たいコンテンツを選ぶ」というネット派の人々と比べると、「限られた選択肢の中から番組を選ぶ」というテレビ派の人々は保守的な思考回路と言われています。

テレビ派の人々は、「バラエティはふだん見ているものを選ぶ」「安心して楽しめるいつものバラエティがいい」と考える人が多数派。これは1クールごとに新作が放送されるドラマで「第1話が最も高視聴率だった」というケースが多いこととは対照的であり、バラエティはジワジワと上げていくしかないのです。

バラエティは人々の間に視聴習慣がつくまで長い目で見る姿勢が求められますが、それにしても数値として低すぎであり、ステイホームが求められている環境下を加味しても、「のんびり構えて浮上を待つ」というわけにはいかないでしょう。

実際、新番組のみが低迷しているのではなく、前後の番組にも悪影響を及ぼしはじめていますし、この状態が続くほど「ネットコンテンツを見る」ことが視聴習慣になる人が増えていくだけ。番組内の企画から演出、出演者、PRまで、さまざまな点でのテコ入れ策が実施されていくでしょう。

もはや視聴率獲得が絶対視される時代ではなくなりましたが、それでも「合格ライン」と言われる個人6%、世帯10%程度を取れなければ得られる広告収入の額が低くなるだけに、テレビマンたちにとっては早くも正念場が訪れているのです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

#ステイホーム #テレビ #解説 #成績 #視聴率

春の新バラエティがほぼ全滅 ステイホームでも低迷する2つの理由