桑田佳祐 監督映画『稲村ジェーン』プロデューサーが撮影当時を振り返る「『真夏の果実』を初めて聴いたときはゾクっとしました」

映画『稲村ジェーン』撮影中の #桑田佳祐 監督

桑田佳祐がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのレギュラー番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」。5月22日(土)の放送では、先週に引き続き、楽曲制作に専念中の桑田に代わって #住吉美紀 さんがパーソナリティを担当。桑田が1990年に監督をつとめた映画『稲村ジェーン』の特集・第2弾をお届けしました。
この日の放送でも、映画本編にも出演し、楽曲制作にも携わったギタリストの小倉博和さんと、映画プロデューサーの森重晃さんをゲストに迎えて、本作の制作秘話で盛り上がりました。

住吉美紀さん

映画『稲村ジェーン』のBlu-ray&DVDの特典として「ドキュメント・オブ・稲村ジェーン(2021 Ed.)」が同梱されることが、5月21日(金)に発表されました。
このドキュメント映像について森重さんが、「当時、2名のスタッフがドキュメンタリーを撮影しにきていたんですけど、ディレクターは映画にも出演していまして(笑)。ダンスパーティーのシーンで髭面の男の人がいるんですけど、それがディレクターです」と、早速裏話を披露。この話を受けて住吉さんが「本編を観て、お2人の裏話を聞いて、さらにドキュメント映像を観ると、めちゃくちゃ楽しいですよね!」と興奮気味に話すと、SNS上ではリスナーからの「早く観たい!」という投稿で賑わいました。
ここで、先週の放送の反響を受けて送られてきた、たくさんのメッセージのなかから2通を紹介。
<リスナーからのメッセージ>
「数々の映画を担当されてきた森重さんに伺いたいです。『稲村ジェーン』の撮影の際、初めて映画監督をされた桑田さんならではのアイデアで、びっくりしたことはありましたでしょうか?」
この質問に森重さんは、「自分はプロデューサーですから予算の調整とかもやって進めていたんですけど、撮影する1ヵ月前くらいから桑田監督が本気を出してきたというか。それまでに打ち合わせをしてきたことよりも、いろんなアイデアがどんどん出てきて。
山にサーフボードを抱えて登っていく最後のシーンがあるんですけど、当初はロケで撮る予定だったのが、クランクインしてから急に『そこで精霊たちと踊るイメージのシーンを作りたい』と言い始めて。それで急遽、2ヵ月後くらいにセットを作って撮影することになったんですよ」と、“『稲村ジェーン』が映画になった瞬間”と話す重要なクライマックスシーンができあがっていった様子を克明に語ります。
続けて「現在みたいにCG技術ができていれば、桑田が言ったようなイメージをもっと具体化できたと思う。あの頃はフィルムの合成技術なので、ホタルが舞っているような表現は、フィルムに穴をあけて回したものを組み合わせたりしていたんです」と、今では当たり前の編集技術がなかったなかで試行錯誤した、革新的なアイデアだったことも振り返ります。
<リスナーからのメッセージ>
「『稲村ジェーン』のサウンドトラックを見てみると、1曲目に『稲村ジェーン』が入っていますが、映画の主題歌は『真夏の果実』になっています。どちらも素敵な曲ですが、主題歌はどのように決められたのでしょうか?」
先週の放送では、森重さんによると「真夏の果実」も「希望の轍」も、撮影が終わった後の編集中にできた曲であることが明かされていました。
さらに森重さんは、「『稲村ジェーン』は、映画のクライマックスに関わる曲として、桑田が最初から作っていた曲だったんです。『真夏の果実』を初めて聴いたときはゾクっとしましたね」と話します。『稲村ジェーン』が撮影されていなかったら、日本音楽史に残るこれらの名曲たちは生まれていなかったかもしれません。
番組後半には、桑田からのメッセージを住吉さんが読み上げる一幕も。
「『稲村ジェーン』は私の青春そのものであり、今でも魂のよりどころであります。森重さんをはじめ、当時のスタッフさんや、おぐちゃん(小倉さん)らミュージシャンのみなさんから、いろいろなことを教えていただきました。おかげさまで今回、この作品と31年ぶりに再会することができたことを、心から感謝申し上げます。生まれ変わった稲村ジェーンをぜひ、ご覧になってください!」
番組エンディングでは、小倉さんが「あの当時よりも世知辛い時代になってしまいましたが、こういう時代だからこそ(あらためて映画を観て)余計に沁みたというか。いろんなエピソードにちゃんとオチがあって、桑田さんならではの“救い”があって、愛情があふれていることを感じました。主人公の口癖『俺たち他人だからな」っていう言葉に、逆に“繋がりあう大切さ”をすごく感じて本当にホロっときた」と話し、コロナ禍で大変な状況にある今の時代に観るからこその気づきもあったと語りました。
次回5月29日(土)の放送は、桑田佳祐による生放送です。どうぞお楽しみに!
—————————————————-
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年5月30日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
—————————————————-
<番組概要>
番組名:桑田佳祐のやさしい夜遊び
放送日時:毎週土曜 23:00〜23:55
パーソナリティ:桑田佳祐
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/yoasobi/

#桑田佳祐 #監督 #プロデューサー #TOKYOFM #レギュラー

桑田佳祐 監督映画『稲村ジェーン』プロデューサーが撮影当時を振り返る「『真夏の果実』を初めて聴いたときはゾクっとしました」