菊地亜美、ドランク鈴木からの“凄くなっていた”発言に反応 「ちょっと!」

タレントの #菊地亜美 が15日に自身のツイッターを更新。番組で共演した、お笑いタレントの #ドランクドラゴン#鈴木拓 のツイートに反応した。

■久しぶりの共演にしみじみ

菊地が反応したのは、同日の鈴木のツイート。鈴木と菊地、 #舛添要一 氏らと一緒に映った写真が添えられており、今月13日放送の『Abema的ニュースショー』(AMBEMA)に出演した際のものと思われる。

母となった菊地との久々の共演に、鈴木も感慨深くなったようで、「全然大した関わりは無いけど昔よく仕事をしていたから会うと嬉しい。うるさいし面倒なことしか言ってこないけど。なんか嬉しかった」としみじみつぶやいている。

■「凄くなっていた」にツッコミ

一見微笑ましいツイートだが、菊地は「亜美ちゃんはすごくなっていた。詳しくは言えないけど。すごくなっていた」という一文に注目。

「ちょっと 詳しくは言えないけどの時点で言ってるようなもんですから!!! 人間的にレベルアップしただけです」とツッコミを入れた。

■過去には「偶然のペアルック」も

バラエティ番組などで、共演する機会も多かった菊地と鈴木。以前共演した番組でロケに行った際には、菊地のバラエティタレントとしての才能を「化け物級のアイドル」と鈴木が絶賛したことも。

また、楽屋などで遭遇する機会も多かったそうで、2017年10月の菊地のインスタグラムには、菊地と鈴木で「赤いチェックのシャツ」の衣装が見事に被ってしまうという、まさかの事態も発生し話題に。

バラエティに進出し、飛躍していく菊地を傍で見てきた鈴木にとって、一児の母となってカムバックした彼女との共演は、とても感慨深いものであったに違いない。

(文/しらべぇ編集部・穂月心 )

#菊地亜美 #タレント #共演 #ツイッター #お笑い

菊地亜美、ドランク鈴木からの“凄くなっていた”発言に反応 「ちょっと!」