堀ちえみ、中傷被害に切実な訴え 「悪意のある言葉は度が過ぎ、凶器にもなる」

タレントの #堀ちえみ (54)が21日、自身のブログを更新。この日、自身のブログに中傷するコメントを投稿したとして、警視庁が奈良市の無職女性(45)を東京都迷惑防止条例違反容疑で書類送検したことについて、言及した。書類送検容疑は昨年10月から今年5月に堀のブログに「どうか永遠の眠りについてくださいね」「不細工ですね」などと159回にわたって書き込んだ疑い。

2019年に舌がんの手術を受け、昨年芸能活動を再開した掘。ブログでは「私の誹謗中傷については、目に余る酷い書き込み等があると、以前から聞いてはおりました」とし、これまでエゴサーチをしたこともなかったという。だが「書き込みをしている心ない方々は、その誹謗中傷が私の目に触れないと、面白くないようで。目に入ってくる、ブログのコメントであったり、仕事でお世話になった関係各位の皆様に、直接連絡を入れるという形で、だんだんとエスカレートしていきました」とつづり、「詐病やステージごまかし等のクレームを、あちらこちらに入れてまわる」こともあったという。

現在も手術の影響が残っていることに触れた上で「口では思うように伝わらないこともあり、もどかしさや哀しさや辛さは、術後たくさん味わいました。そんな私の気持ちを救ってくれたのが、このブログであり、皆様からの温かいメッセージ。SNSを通して勇気も、たくさんもらえました。なので今もコメント欄は、

閉鎖するつもりはありません」とした。

「『弱っている姿を見せると またそれに対して反応していると そういう人たちが喜ぶだけだから!』と言ってくれる方々の支えで、悔しい思いや、不条理な言葉の数々に、負けないと思ってこられたのです」と思いを吐露。「やさしい言葉は人を助け、また悪意のある言葉は度が過ぎ、そして凶器にもなるということ。SNSを発信している立場の人間でも、プライバシーはありますし、何をされても、我慢しなければならないというのは、違うと思います。心ない誹謗中傷を受ける人が、これ以上出ませんよう」と祈るようなメッセージをつづった。

#堀ちえみ #中傷 #悪意 #言葉 #凶器

堀ちえみ、中傷被害に切実な訴え 「悪意のある言葉は度が過ぎ、凶器にもなる」