吉沢亮、カメラ目線の「抱いていいか」にファン興奮 デビュー12周年生配信で出血大サービス

俳優の #吉沢亮 (27)が21日、デビュー12周年を記念したオンラインイベントをLIVESHIPにて配信した。
放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で主人公・渋沢栄一役を務めるほか、待機作に映画『東京リベンジャーズ』(7月9日公開)、映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』(8月6日公開)、舞台「マーキュリー・ファー」 (来年1月より上演)などが控える吉沢。
“しりょう”と冠した生配信は約1年ぶりとなり、「こんちわ〜」とおなじみのゆるいテンションでスタート。「僕がデビューしてから12年経ちました。なかなか皆さんに“生の吉沢亮”をお届けする時間が最近はあまりありませんから、ちょっとでも皆さんとコミュニケーションを取れる場がほしいなということで、今回やらせていただいております」とイベント開催に至った経緯を語る。

◆カメラ目線の「抱いていいか」にファン大興奮
同じ所属事務所の俳優・今井隆文をゲストに迎え、「青天を衝け」で話題となった「快なり!」を合図に大好物のビールを乾杯。
大河の放送をチェックしているという今井が「あそこよかった〜。常に最高を更新するよね、吉沢亮って男は!」と絶賛しながら印象的なシーンを振り返ると、ファンからはオンエアでお蔵入りになった千代( #橋本愛 )との“初夜シーン”について触れるコメントが。それを受けて吉沢が「お千代……抱いていいか」とカメラ目線の“ドヤ顔”で実演すると、ファンからは「喜んで」「抱いて〜」「ありがとうございます」とまさかの出血大サービスに興奮コメントが殺到した。
◆次にやりたい実写化は…「あるけど言わない」
直近に公開が迫る『東京リベンジャーズ』については「自信ありますよ、この作品は。シンプルに面白いと思う」と吉沢。「ヤンキーもので、タイムリープもの。漫画的な表現が多い中、出ている人たちがリアルで、等身大のお芝居をしていて、背負っているものが見えるかっこよさもあるので、見ていてシンプルに熱くなりました」と共演者たちの熱演ぶりに太鼓判を押す。
また大の“ヒロアカ”ファンを公言し続けた末、見事『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』での声優キャスト起用を実らせた吉沢は、この日もヒロアカ愛を熱弁。今井から「次に(実写化など)これやりたい!って作品はあるか」と問われると「それは…あっても言わないですよね。ここで言って他の人に決まってたら超ダサいから」と内に秘めつつ「けど…ありますよ。着々と進めております(笑)。やれるかどうかはわかりませんけど」としたり顔で含みを持たせていた。
アーカイブは28日23時59分まで配信。(modelpress編集部)

#吉沢亮 #デビュー #カメラ #興奮 #俳優

吉沢亮、カメラ目線の「抱いていいか」にファン興奮 デビュー12周年生配信で出血大サービス