山崎賢人、相棒猫との再会に「かわいい」藤木直人の撫でテクで猫もリラックス

映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』(6月25日公開)の公開初日舞台挨拶が25日に都内で行われ、 #山崎賢人 (崎はたつさき)、 #清原果耶#藤木直人#夏菜#眞島秀和 、高梨臨、三木孝浩監督が登場した。
同作は1956年にロバート・A・ハインラインによりアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される伝説的なSF小説の初実写映画化作。舞台を日本に再構築し、ロボット開発をする科学者の高倉宗一郎(山崎)が主人公となる。1995年、信頼していた共同経営者と婚約者の裏切りにあい、自身の会社も発明途中のロボットや蓄電池も奪われてしまった宗一郎は、人体を冷凍し未来に行ける装置・コールドスリープに入れられ、目が覚めると2025年の東京だった。すべてを失ったと知る宗一郎は、変えられた運命を取り戻すため、30年の時を超えてリベンジを誓う。

イベントには猫のピートが登場し、ロボットのピートを演じた藤木が抱っこする。「かわいい」「ほんと動じないですよね、この状況で」と驚かれるピートについて、久々に再会した山崎は「嬉しいです。かわいいですね、ベーコン」と本名で話しかけた。清原は「顔がジトッとしてる感じがいい」と褒め、真島は「昔、キジトラを飼ってたんです。だからもう大好きですね。実際に会いたかったです」と猫好きな一面を見せた。
三木監督は「すごい優秀なんですよ。映画で動物を撮影すると、人間のコントロールが効かないし、特に猫なんて人の思い通りに動いてくれないのがむしろ魅力だったりするじゃないですか。だから撮影現場に入る時にドキドキしました」と振り返る。「今日来てくれるのはベーコンなんですけど、もう1匹パスタちゃんっていう猫ちゃんがいて、その2匹とも本当に優秀でしたね」と絶賛した。
人間達が話している間も、藤木に撫でられ続け、そのテクニックにどんどんリラックスしていくピート。藤木は「連れて帰っていいですか?」「2代目ムツゴロウさんで」とまんざらでもない様子。しかし、ピートが退場した後にはスーツが猫の毛でいっぱいになってしまい、1人袖にはけて毛をとってもらっていた。

#山崎賢人 #藤木直人 #相棒 #リラックス #舞台

山崎賢人、相棒猫との再会に「かわいい」藤木直人の撫でテクで猫もリラックス