神田伯山、アニメ『クラユカバ』主役でお詫び 声優想像のファンへ「申し訳ありません」

 講談師・神田伯山が、長編オリジナルアニメーション企画『クラユカバ』で主人公・荘太郎役を務めることが25日、発表された。コメントを寄せ「いろいろな声優さんの声を想像されていた方、申し訳ありません。荘太郎役は、神田伯山が担当いたします」とお詫びしながら、「懸命につとめました。ぜひ、ご鑑賞ください」と呼びかけた。

 同作は、2018年・2020年にかけて実施した2回のクラウドファンディング企画にて累計1570万364円の支援を集めた、塚原重義氏が原案の長編アニメーション企画で、奇怪なウワサ・集団失踪がある街を舞台に、それに挑む与太者探偵・荘太郎の活躍を描くストーリー。

 現在、2018年Makuakeにて実施したクラウドファンディングを元に制作された『クラユカバ パイロットフィルム』が、ツインエンジンYouTubeチャンネルにて公開されている。

■スタッフ情報
原作・脚本・監督:塚原重義
キャラクターデザイン: 皆川一徳
CG 監督:maxcaffy
美術設定/原図整理:ぽち
音楽・操画チーフ・デザインワークス:アカツキ チョータ
アニメーション制作:パンケーキ
企画:ツインエンジン

#アニメ #声優 #講談 #主人公 #2018年

神田伯山、アニメ『クラユカバ』主役でお詫び 声優想像のファンへ「申し訳ありません」