あやなん、緊急事態宣言下のパーティー報道を動画で謝罪「最低極まりない軽率な行動だった」

 人気女性YouTuber・あやなん(28)が25日、自身のYouTubeチャンネルを更新。文春オンラインで「緊急事態宣言下の誕生日パーティー開催」と報じられたことに対して謝罪した。

 緊急事態宣言下の6月18日、人気YouTuber31人が集まり「自粛破りの大パーティー」「深夜3時まで泥酔カラオケ」と報じられた。あやなんは「この度は、私の緊急事態宣言下での不適切な行動によって、コロナ終息に向けて自粛を続けている皆さんや、医療従事者の方々、そして家族や友達、これを見に来ているすべての皆さまに、大変不快な思いをさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。

 「きのう記事が出て一晩が経ち、皆様からのご意見やコメントを全て見させていただきましたが、本当に私の行動は最低極まりない、軽率な行動だったと改めて痛感いたしました。なぜ、こういう風に言われるまで、自分の行動を改めることができなかったのか、本当に情けなく思っています」と、反省した。

 「私の今後の対応と致しましては、失った信用を取り戻すために、これから努力していくのはもちろんなんですけど、まずは今回一番迷惑をかけている、私の家族であるしばゆーと息子たちとしっかり話し合いを重ねて、自分を冷静に見つめ直す時間をつくりたいと思います。同じ過ちを繰り返さないように深く反省します、申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

#最低

あやなん、緊急事態宣言下のパーティー報道を動画で謝罪「最低極まりない軽率な行動だった」