「戸辺攻め」は見すぎ注意?仲間がバランス崩すまさかの事態で苦笑い「悪影響が出ちゃいました」/将棋・ABEMAトーナメント

 目に焼き付いた将棋が、まさかの不調を招いた?プロ将棋界唯一の団体戦「第4回ABEMAトーナメント」予選Eリーグ第3試合、チーム渡辺とエントリーチームの対戦が7月17日に放送された。本大会好調のチーム渡辺・近藤誠也七段(24)は、この試合でも第2局に登場し、藤森哲也五段(34)に完勝。若きエースとしてこのまま突っ走るかと思ったが、第5局で梶浦宏孝七段(26)に敗れた。この原因として「戸辺攻めの影響で…。悪影響が出ちゃいました」と言ったことで、周囲が大笑いとなった。

 正統派の将棋で、近い将来タイトル戦線にも加わると期待されている近藤七段は、超早指しの今大会でも活躍している。相手の攻めを受け切る分厚さと、攻めに転じた時の切れ味を併せ持つ、ハイレベルな棋力の持ち主だ。幼いころからよく知る梶浦七段との対局も好勝負が期待されたが、珍しく早い段階から形勢を損ね、そのまま挽回もきかずに投了。敗因としては、積極的と見られた近藤七段の攻めに、やや無理があるものだった。

 チームメイトのもとに戻った近藤七段に対して、リーダーの #渡辺明 名人(棋王、王将、37)は開口一番「戸辺攻めの悪影響が出たね」とニヤリ。これに近藤七段も「悪影響が出ちゃいました」と返したことで、戸辺誠七段(34)も含めチーム一同が爆笑した。

 「戸辺攻め」とは、戸辺七段の超積極的な攻め将棋に名がついたものだ。多少の無理は承知で斬り込むだけに、アマチュアのファンも多いが、守備も巧みなプロの世界においては、これが通じずに逆襲を受けて敗れることもある。近藤七段も、自身の対局までに計6局、戸辺七段の対局を見守っていたからか、バランスを崩してしまったのかもしれない。

 とはいえ、これもチームが予選通過を決めた後での対局でもあり、愛あるいじりの一つ。明るいムードを作り上げる戸辺七段の存在は、「戸辺攻め」以上にチーム渡辺には欠かせない。

◆第4回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選、本戦トーナメント通じて、5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

#将棋 #影響 #仲間 #悪影響 #プロ

「戸辺攻め」は見すぎ注意?仲間がバランス崩すまさかの事態で苦笑い「悪影響が出ちゃいました」/将棋・ABEMAトーナメント