小林氏解任 原因は演出チームの内部抗争や人選ミスか

 ◇東京五輪開閉会式ショーディレクター・小林賢太郎氏解任

 本番直前まで続いたドタバタ劇だが、昨年12月に佐々木宏氏が総合統括に就任した当時から暗雲はたちこめていた。当初は振付師のMIKIKO氏(44)が実質的な責任者で、プランもIOCから高く評価されていたが後に辞任。裏では佐々木氏がMIKIKO氏を孤立化させ“クーデター”をたくらんでいたとの情報もある。

 その後、タレントを侮辱する“ボツ案”が明らかになり、佐々木氏が辞任することになった。佐々木氏が指名した小林氏も、その小林氏が選んだ小山田も自身の過去が明るみに出て離職。全ては演出チームの内部抗争や人選ミスで起きたとみられる。

 世界的イベントでさらした醜態。責任は、五輪終了後に組織委に求められることになりそうだ。

#解任 #抗争 #ミス #MIKIKO #東京五輪

小林氏解任 原因は演出チームの内部抗争や人選ミスか