the pullovers、3rd ZINEより新曲「戯言」の先行配信リリースが決定

短編小説を読むかのような聴く人の日常に寄り添う楽曲を奏でる3ピースギターロックバンド・the pullovers(読み:ザ プルオーバーズ)が、結成3周年となる9月4日(水)にリリースする3rd ZINE『君なんていらないわたしになった』より、新曲「戯言」(読み:ザレゴト)を8月11日(水)に先行配信リリースすることが決定した。

それに併せて、8月2日(月)19:00から放送のInterFM897「sensor」にて、リリースに先立って一足早く楽曲が初オンエアされることが決定した。

the pulloversは、2019年7月に始動。シンガーソングライターとして活動していたボーカルのCettia(セティア)と、Cynical Animal Youth(シニカル アニマル ユース)やthe scented (ザ センテッド)など複数のバンドを掛け持つギターの佐々木理久(リク)の2人を中心に結成。リリースする作品をCDでなくZINEという形態にこだわり、1曲1曲の奥にあるメッセージをまで伝えるべく制作している。

新曲「戯言」がどのような楽曲に仕上がっているのか、3rd ZINEがどのような作品になっているのか今から楽しみにしよう。

配信シングル「戯言」

2021年8月11日(水)配信開始

※配信先の詳細はオフィシャルHPをチェック

ZINE『君なんていらないわたしになった』

2021年9月4日(水)発売

<収録曲>
fallen baby
meteorologist
結末
戯言
だめおんなぶるーす
雪解けのうた

#新曲 #小説 #日常 #結成

the pullovers、3rd ZINEより新曲「戯言」の先行配信リリースが決定