「悪い仲間とつるんでしまって、自然と…」銅線窃盗で逮捕の元EE JUMP祐樹(35)に、姉・ゴマキがかけた「言葉」

「姉のファンが突然、母の店に婚姻届を持ってきて…」元EE JUMP祐樹(35)が語る、後藤家のカオスだった日常 から続く

 元 #モーニング娘。 の #後藤真希 を姉に持ち、自身もダンスボーカルユニットEE JUMPのメンバーとしてヒット曲「おっととっと夏だぜ!」を放った #後藤祐樹 (35)。

 EE JUMP時代で不祥事を重ねて、デビュー2年目で引退。2007年には銅線窃盗事件で逮捕という、思わぬ形で再び世間の注目を浴びることに。

 5年6ヶ月の刑期を終えてから9年。 YouTubeチャンネル をスタートさせた彼に、芸能界での日々、銅線窃盗事件による逮捕の真相などについて聞いた。(#1〜#3の#2/ #1 から読む)

◆ ◆ ◆

初PVの制作費が3億円……突然、大人たちから向けられた「期待」

ーー真希さんの後を追うように、中学2年生でEE JUMPとしてデビューされます。真希さん加入後に茨城で開催された初ライブを家族で観に行ったら、そこにいたモーニング娘。の元マネージャーでハーモニープロモーションの社長を務める和田薫さんに見初められたという。

後藤 僕ら家族のすぐ後ろに座っていたらしいです。それで姉ちゃんから和田さんが僕と会って話がしたいそうだと教えてくれて、母からも「話だけでも聞いてみたら」と背中を押されて会ったんです。

ーー和田社長は後藤さんのどこにビビっときたのか仰っていましたか。

後藤 当時はジャニーズさんはもちろん、w-inds.さんもいたじゃないですか、それこそ #木村拓哉 さんは昔から凄かったし。

 和田さんいわく、「彼らを超えるような存在だと思って、俺はお前を頑張って売り出していきたいんだ」みたいな感じのことを言ってくれてたことがあったんです。これ、自分で話すのがメチャクチャ恥ずかしいんですけど……(笑)。

ーー和田社長に会って、1999年の11月からユニットを組む前提でレッスンを受けるようになります。その頃は、学校には通ってたのですか?

後藤 行ってなかったです。毎日の授業参観が1年生の全クラスで続いたときに、僕は授業中にゲームボーイをやっていたんですよ。

 それを校長先生に取り上げられたのに逆上して殴ってしまって、「謝らないなら、もう学校に来なくてもいい」と言われたけど謝らず、学校に行くのをやめてしまったんです。

ーーこういう言い方は悪いかもしれませんが、学校では問題児で大人からはまったく期待されていなかった。でも、芸能界に入るや大人から期待されるようになった。レッスンを1年近く受けて、2000年10月にリリースされたファーストシングル「LOVE IS ENERGY!」は作詞・作曲がつんく♂さんで、そのPVの制作費が3億円という。大きな期待とそれに比例した破格の待遇というのは、どういった思いで受け止めていたでしょう?

後藤 やっぱり、ものすごいプレッシャーを感じていました。3枚目のシングル「おっととっと夏だぜ!」(2001年5月16日発売)の時に、和田さんからオリコンチャート10位以内に入らなければ解散か丸坊主にするからみたいなことを言われていたんですよ。

 そういうのが少なくなかったので、追い込まれていたところはありますね。それに、とにかく忙しくて、下手したら寝ずに3日間働いたんじゃないかってこともあったし。

 あと、「おっととっと夏だぜ!」を含めてEE JUMPの曲はすべてつんく♂さんに作詞・作曲していただいたのですが、当時の僕はX JAPANとかDIRENGREYが大好きだったので、どうしても曲調や世界観が馴染めなかったんですよ。そういった葛藤も、けっこう自分の中では渦巻いていましたね。

 いまではどの曲も思い出深いし、大事な存在ですけど。

ーー「おっととっと夏だぜ!」はオリコンチャート5位のヒットとなって、EE JUMPもブレイク。そうなると後藤さんのもとにもお姉様のようにファンが訪ねてきたりしたのでは。

後藤 ファンも来ましたけど、冷やかしのほうが多かったです。たとえば、江戸川区の花火大会をやっていた日に、誰かが家の前で明らかに僕に聴こえるようにEE JUMPの曲を大声で歌っているんですよ。

 ガラッと窓を開けたら、チャリンコに乗った子どもが7、8人で熱唱してる。夜だし、うるさいし、さすがに頭にきて「ふざけんな、この野郎!」って原チャリで追いかけましたね。

 あと、夜中に暴走族みたいな連中が家の前に集まって、ずっとコール(バイクのアクセルを吹かして音を奏でる)をやっていたりとか。

「こんなボロボロの状態で歌って踊れるかよ」

ーープライベートの管理も厳しかったのですか?

後藤 和田さんに交際問題で蹴りを喰らったことはあります。最初のシングル「LOVE IS ENERGY!」(2000年10月18日発売)が出た後に、僕はモーニング娘。を卒業して間もなかった #市井紗耶香 さんとお付き合いしていたんです。

 ある日、僕と市井さんがタクシーに乗って事務所の近くで一緒に降りたんですけど、それを和田さんが見ていて。「お前、ちょっと来い」って呼ばれて、「いま、誰といた」と聞かれて「市井さんといました」と答えた瞬間、顔面に蹴りを入れられました。

 その日は千葉県八千代市にある高校の文化祭に出る予定だったのに、顔がものすごい腫れちゃって。それなのに「行くぞ!」って言われて、さすがに「こんなボロボロの状態で歌って踊れるかよ」と思ってスタッフの目を盗んで帰ってしまいました。

 最近、僕のSNSに「あの学校に通ってた者ですが、2人で来ると思っていたのにソニンさんだけだった。謝ってほしい」なんてコメントが入っていて、申し訳ないなとは思ってます。

ーー恋愛禁止ではあった。

後藤 いや、一般人なら付き合ってもいいよとは言われていました。ただ、そういうことがあったので、当時の事務所の母体だったアップフロントの忘年会などには一切呼ばれなくなりましたね。モーニング娘。のメンバーそれぞれにも、マネージャーさんや事務所のほうから「後藤の弟とは一切連絡を取っちゃいけないぞ」みたいな通達が回ったみたいです。

ーー厳しくされていたがゆえに反発してしまうというか。仙台でのイベント前日に、家に帰りたいのに東京駅近くのホテルに泊めさせられたことでマネージャーと揉み合いになってしまうんですよね。都内にいるのであれば、たしかに帰りたい気持ちもわからなくはないです。

後藤 3ヶ月に1日くらいしか休みがないのに、家に帰れないのはないな、と思って。それでホテルから出ようとしたらマネージャーに見つかって、揉み合いになって生け垣に倒してしまって、それでそのまま宇都宮に逃亡したんです。

 行かなかった仙台のイベントに関しても、最近SNSに「あのときソニンさんしかいなかった」とコメントされて、これも本当に申し訳なかったなと。

決定打となった“15歳でキャバクラ入店”の顛末

ーーそして決定打となったのが“15歳でキャバクラ入店”ですけど、お酒は飲まれたのですか。

後藤 僕は本当に飲んでいないんですよ。あれは友人だったジャニーズJr.の子と歌舞伎町で遊んでいて、好奇心で入れるかなと行ってみたら、なんのおとがめもなくVIP席まで通されてしまって。僕だとバレていたから通してくれたんだと思いますけど。

 やっぱり、大人が中学生の僕らにチヤホヤしてくれるのが嬉しかったんです。それで、お店に何度か行くうちにリークされていたみたいで『FRIDAY』に撮られてしまった。

ーーそれが原因でEE JUMPを脱退、芸能界を引退するわけですけど、和田社長は後藤さんを引き止めてはいるんですよね。

後藤 親会社のアップフロントは僕の解雇を即決したんですけど、和田社長は守ってくれたんですよ。

 ただ、会社にいるなら条件を守れと。で、その条件が、仕事を終えて家に帰ったら、帰宅したことを証明するために、携帯電話ではなくて家の固定電話から和田さんに連絡するという。要するにすべてを管理すると。さすがに、それは僕も無理だと思って辞めて引退しました。

ーー蹴るのはさすがにアレですけど、和田社長は社長なりに後藤さんを大事にされていたんですね。

後藤 ぶっ飛んでるんですけど、本当にいい人なんですよ。出所した後、姉ちゃんの結婚式で会った時は「今度、ご飯でも食べよう」と誘っていただいて、2人きりで話をしたこともあるんですけど。その時に迷惑をかけたことを謝罪しました。

「また芸能界でやればいいじゃん」とも言ってくれて、刺青があっても大丈夫なファッション雑誌があるからとモデルとして使ってくれるよう頼もうとしてくれたりして。感謝しかないです。

ーー辞めてから、ソニンさんとお会いしたりは。

後藤 一回も会えていないんですよ。ただ、何回かは電話で話はしました。

 辞めて1年か2年くらいして、定時制高校に通っている時ですね。トイズファクトリーというレコード会社でEE JUMPを担当してくれた方とバッタリお会いして。「ソニンと連絡は取ってるの?」「全然取ってないんです」「じゃあ、連絡したら」と、繋げてもらったんですけど。

 それでソニンと電話で話して、脱退のことなどを謝りました。その後は「いま、祐樹は何やってるの?」「定時制に行っててさ」みたいな近況報告をしましたね。

21歳で、銅線窃盗……手を出してしまった心情

ーー定時制高校を1年で退学されて鳶になって、18歳で最初の結婚をされて、2007年、21歳の時に銅線窃盗を働きます。動機というか、どういった心情で手を出したのですか。

後藤 やっぱり、中学から不良と呼ばれる類の人間だったわけじゃないですか。そうやって生きていくと、中学校の頃は原付を盗んで、高校になったらカツアゲと、年を取るにつれて悪いことがどんどんエスカレートしていくんですよ。それが当たり前になっていくというか、悪事を悪事と思わなくなるというか。悪い仲間とつるんでいると、自然とそうなっちゃうんですよね。

 そこへ楽をして稼げるのを知ってしまう。銅線窃盗がそうでした。夜の12時に建設現場に入って銅線を盗み、朝方4時に売ると、1トンで50万円、2トンで100万円を稼げる。当時は北京オリンピックの前で鉄や銅の需要が高かったら、高値で売れたんです。

 昼間に8時間働いて得る賃金とは、労力的にも金額的にも違いすぎる。そう考え始めてしまうと、どんどん感覚が麻痺してしまうんですね。

ーー最初は不良仲間に誘われての犯行でしたけど、すぐにノウハウを覚えて窃盗グループのリーダーとなって銅線窃盗を続けていきます。メンバーはどのように集めたのでしょう。

後藤 慕ってくれてた後輩たちに声を掛けたんです。10人くらいでした。彼らとやったことは窃盗になるのですが、それを聞きつけて加わった中学の同級生2人と建設現場に入った時に、彼らがガードマンさんを拘束して殴ったことで強盗致傷事件になったんです。

ーー強盗を含めて立件された数というのは。

後藤 3件ですけど、実際はその数十倍やっています。入った現場はすべて覚えていたので、逮捕された際に、警察に洗いざらいお話ししています。

ーーその3件以外は、立件されなかったのですね。

後藤 建築現場は保険に入っていて、被害届を出さない建築会社が多いので、立件されるまでに至らないことが多いんです。

ーー後藤さんは、出頭してからの逮捕なんですよね。

後藤 ある建設現場に入った時に警官が来て、銅線運搬用にレンタカーで2トントラックを借りてきていた後輩が、トラックを置いて逃げたんです。その借りた際の名義を辿って後輩が逮捕されたと聞いて、出頭しました。

出頭前、姉のゴマキが言ったこと

ーー出頭前に、真希さんにも事の次第はお話ししたのですか。

後藤 出頭前日に家族を呼んで、やっていたこと、出頭することを話しました。姉ちゃんは黙って聞いていて、本音はわからなかったですけど、「どれくらい家に帰れないのかわからないけど、みんなでご飯食べよう」と言って食事に連れていってくれて。

ーー状況的には美談にすることはできませんが、気を使ってくれるお姉様といいますか……。

後藤 すごく優しいんです。言葉ではなにも言わないんですけど、態度や行動で示すというか。いっつもそうなんです、姉ちゃんは。

ーー2007年10月20日に出頭して銅線窃盗で逮捕、12月11日にガードマンを拘束した強盗傷害で再逮捕。そして、翌2008年5月21日に判決が。

後藤 5年6ヶ月の実刑判決でした。

【続きを読む】 「幼虫を食え」「トイレ掃除のブラシで歯を磨け」凄惨なイジメ、母の死…元EE JUMP後藤祐樹(35)が語る、刑務所での5年間

写真=三宅史郎/文藝春秋

「幼虫を食え」「トイレ掃除のブラシで歯を磨け」凄惨なイジメ、母の死…元EE JUMP後藤祐樹(35)が語る、刑務所での5年間 へ続く

(平田 裕介)

#窃盗 #逮捕 #仲間 #言葉 #婚姻届

「悪い仲間とつるんでしまって、自然と…」銅線窃盗で逮捕の元EE JUMP祐樹(35)に、姉・ゴマキがかけた「言葉」