ディーン・フジオカ、五代友厚は“恩人” 2度演じる幸せ実感「とにかく全力を尽くすだけ」

●『青天を衝け』でワイルドさを意識した理由
#吉沢亮 主演の大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合 毎週日曜20:00〜ほか)で、明治維新後、大坂経済の復興に尽力した五代友厚役を演じている #ディーン・フジオカ 。日本経済の父としては、「(吉沢演じる)東の渋沢栄一、西の五代友厚」として双璧をなす役どころだが、ついに第27回(9月19日放送)で、栄一と対面するシーンが描かれる。ディーンが同役を演じるのはNHKの連続テレビ小説『あさが来た』(15)以来2度目となるが「何か見えない力で導かれたとしか思えない」と、役に感じた縁を語った。
ちなみに『青天を衝け』と同じ脚本家・大森美香氏による『あさが来た』では、 #波瑠 演じるヒロイン・はると深く交流し、リスペクトされる好青年「五代様」として大ブレイクしたディーンだが、今回の五代のキャラクターは、一から構築し直したそうだ。

その違いについてディーンは「今回のほうがより史実に基づいていて、彼が残した偉大なるレガシーというか、五代が現代社会にどういう影響を与えたのかということが、より分かりやすい形で描かれていくと思います。明治になってからは、渋沢栄一をはじめ、明治政府でいろんなキープレイヤーが登場するなかで、五代がどういう信念や哲学に基づいて行動したのか、その詳細がわかっていきます」と語った。
元薩摩藩士の五代は、栄一と同じく幕末の動乱期をくぐり抜け、維新後は日本経済を立て直していく。日本の良き未来を見据えて行動していくという2人が、今後どんな交流を経て、お互いを高め合っていくのかが見どころの1つとなる。
「確かに、東と西みたいな感じで、栄一と比較されることが多いかと思いますが、西の五代としては、東の渋沢と同じく未来に向かって進んでいく仲間という立ち位置になるかと。でも、五代のほうがより経験が豊富で見識も広い中で、西の五代が東の渋沢をリードしていくような関係性になるのかなと理解しております」
ディーンは、今回の五代を演じるにあたり、ワイルドさを意識しているそうだが、その理由について「『青天を衝け』では、五代がどれだけ先見の明があったかということが、より具体的に描かれていきますが、見る立場によっては、五代がしたたかに見えたり、頼もしいという印象にもなったりと、表裏一体な点も魅力や強みにつながっていくのではないかと。だから、競争相手の立場からすると、ひと筋縄ではいかない存在になっていくと思います」と解釈。
それでいて、栄一にとっての五代は「どちらかというと兄貴というか、頼れる先輩のような存在」だとも捉えている。
「もちろん競争相手と言えばそうですが、よりよい未来を作っていく仲間という意識の方が強かったのではないかと。渋沢から見た五代がすごく厄介で手怖い人物で、ライバル視して燃えるような対象だとしたら、五代から見る渋沢は、もっと大きく彼を包み込むような包容力のある存在でいるべきなのかなと思っています。渋沢が成長していくことは、五代にとってもうれしいことで、頼もしい仲間が1人増えるという感じですし、実際に五代はすごく渋沢を頼りにしていたのではないかと」
●吉沢亮へのリスペクトと“同志”との思い
五代役には、俳優ディーン・フジオカ自身の人間力がにじみ出ているし、吉沢とディーンからも、役柄同様の“同志”のような関係性が反映されているような気もする。
吉沢が1年間、大河ドラマの座長を務めることについてディーンは「そう簡単なことではないと思います」とリスペクトする。
「やはり頑張って! と応援したいという気持ちが強いです。僕はただ、自分の出番のシーンだけを撮って行くので、毎回時間を置いて参加するという形ですが、そこで彼と再会した時、息抜きにでもなればいいなあとも思っています。だから待ち時間に、あまり堅苦しい話などはせず、好きなゲームなど、他愛もない話をしたりしています」というのはディーンならではの気遣いだ。
加えて、海外でもキャリアを積んだディーンならではのグローバルな見方も頼もしい。「もちろん『青天を衝け』という作品を作るうえでも、彼は同志ですし、いわば参加者全員がそうだとも思っています。もっと大きくいえば、それは日本が生み出すコンテンツの1つで、今後も蓄積されていくし、過去の作品からバトンタッチされて今がある。そういう意味では、日本語でエンターテイメントの仕事をしていて、その日本語の影響力が全世界において少しでも大きくなるほうが、誰にとってもウィンウィンな関係になると思っています。そこは、五代や渋沢という明治の時代を作った人たちのやってきたことともオーバーラップする部分があります」
また、2作品で演じた五代役は、ディーンにとってどういう存在になったのかと尋ねると「人生において、同じ役を違う番組で2度演じられるというのはなかなかない経験で、まさか、そういう幸運に恵まれるなんて、考えてなかったです」としながら、「自分ではまだ、あまり客観視できていないのかもしれませんが、自分にとって五代友厚という歴史上の人物との出会いは、とても大きなものです。今も現在進行形で、気づきを与えていただいていますし、すごく影響も受けています」と特別な思い入れを口にする。
「言ってみれば、会ったことはないけどすごい恩人のように、恩義を感じるべき対象の人物だと思っています。自分は朝ドラで五代役を演じるまで、五代友厚という存在を知らなかったのですが、その後に彼の偉大な思想や生き様を知れたので、そういうものがより多くの人に伝わって、インスピレーションになればいいなと思います。だから今、自分に何ができるのかという意味では、とにかく全力を尽くすだけです」
■ディーン・フジオカ(Dean Fujioka)
1980年8月19日、福島県生まれ。香港でモデル活動を経て、2005年に香港映画『八月の物語』の主演に抜擢されて俳優デビュー。台湾を拠点としたアジア中華圏や北米などで映画やドラマ、CMなどに出演。2015年のNHKの連続テレビ小説『あさが来た』で人気を集め、翌年にアルバム『Cycle』やアニメ主題歌「History Maker」でも話題に。ドラマではフジテレビの『推しの王子様』(21)が放送中。映画の待機作は、自らが主演、企画、プロデュースの映画『Pure Japanese』が2022年1月28日に公開決定、主演ドラマを映画化した『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』が2022年公開予定。自身最大となる日本ツアー『Musical Transmute』が開催中。12月に3rdアルバム『Transmute』をリリース予定。
(C)NHK

#ディーンフジオカ #青天を衝け #NHK #経済 #ワイルド

ディーン・フジオカ、五代友厚は“恩人” 2度演じる幸せ実感「とにかく全力を尽くすだけ」