櫻井海音“焦れキュン”ラブコメに挑戦「横浜流星さんのお芝居を参考に」

 ミュージシャンで俳優・櫻井海音が出演する、テレビ東京系ドラマParavi『つまり好きって言いたいんだけど、』(毎週水曜 深0:30)。このほどリモート取材に応じ、作品への思いや役柄の魅力を語った。

 原作は『恋はつづくよどこまでも』『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』などで知られる円城寺マキ氏による同名漫画。マネージャー×俳優の2人が、同じ目標に向かって奮闘する中で芽生える恋心や、好きになってはいけないという葛藤、素直に気持ちを伝えられないもどかしさなどを表現した“焦れキュン”な禁断のゴシップラブストーリーを描く。

 物語の主人公は、突如芸能事務所に転職することになった24歳の冴島千歳( #大原櫻子 )。小さい頃に散々だまされ、恥をかかされた経験から「嘘が大嫌い」になった。そんな彼女が、ブレイク寸前の注目俳優・藤代瀬那(櫻井)のマネージャーとしてつくことになる。「嘘を信じ込ませる才能」に長けているがゆえ、演技は最高な瀬那だが、私生活は問題児…。千歳は振り回されながらも、瀬那を育てようと奮闘する。しかし、瀬那の正体は、昔、千歳を騙していた幼なじみだった——。

 今作のオファーを受けて「自分にこの役が務まるかという不安はありました」と心境を明かした櫻井だが「台本や原作を読ませていただくうちに『早く演じたい!』と、今までにない高揚感を覚えました。大原さんの第一印象はすごく丁寧な方だなと。一緒の掛け合いでも吸収できた部分があり、すごくやりがいのある現場でした」と充実感たっぷりの表情で振り返る。

 作品の魅力については「もちろんラブコメで恋愛模様を描くのはもちろんですが、芸能界のいろはも深く表現しています。そこがすごく面白いなと感じています」と熱弁し、ブレイク寸前の注目俳優という役どころに「同じ若手俳優という立場にいる身としては、共感や考えさせられる部分が多くありました」と語った。

 また、ラブコメに挑戦するに際して「 #横浜流星 さんを参考にさせて頂きました。女性への詰め寄り方は流星さんのお芝居を見て、学ばせていただきましたね」と明かすと「これからもやらせていただけるならラブコメに挑戦していきたい!」と意欲を燃やしていた。

#俳優 #ミュージシャン #テレビ東京

櫻井海音“焦れキュン”ラブコメに挑戦「横浜流星さんのお芝居を参考に」