「キャンディマン」を一言で表現すると? ジョーダン・ピールらが語る特別映像

 1992年に公開された、凶悪な殺人鬼による忌まわしき都市伝説を描いたカルトホラー映画『キャンディマン』。“鏡に向かってその名を5回唱えると、死ぬ。”という設定で人々を夢中にさせた人気ホラーの系譜を巧みに汲み取り、現代へと語り継ぐ映画『キャンディマン』(公開中)。

 製作&脚本を務めたジョーダン・ピールや監督のニア・ダコスタ、主演のヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世、テヨナ・パリス…といったスタッフ・キャスト陣が、「キャンディマン」を一言で表現していく特別映像が解禁となった。

 ある男性がキャンディマンに襲われ、悲鳴を上げるインパクトたっぷりの本編シーンに続いて、発せられた言葉は「すごく怖い」、「恐ろしい」、「気味悪い」といったホラー作品のイメージを代表するような内容。続いて「報復」、「人種差別」、「語り」とキャンディマンらしいワードが加わり、さらには「スマート」「野心」「華麗」と意外な言葉も飛び出し、最後はジョーダン・ピールが「都市伝説の守護聖人」と締めくくる。

 ホラーワード以外にもさまざまな要素が散りばめられている本映像だが、冒頭でウィリアムが「キャンディマン探しだ」と語るように、果たしてどんなキャンディマンの物語が描かれるのか、さまざまな期待の膨らむ映像となっている。

 連想言葉で創造を膨らませながら“キャンディマン探し”ができる本映像だが、本編には言葉以外にも実際にキャンディマンの姿がチラリと映る場面が多々あり、まさに“キャンディマンを探せ!”ができてしまう仕上がりになっている。一例として、掲載した場面写真(1)には、鏡に写ったアンソニーが映し出され、その後ろには美術評論家のフィンリーがこちらを見つめている。一見、2人だけの姿が写っているようにみえるカットだが、よく目を凝らすと、2人のさらに奥の扉にキャンディマンの姿が…。

 その名を5回唱えた者の周囲にぬっと姿を現し、確実に殺しにかかるキャンディマンだが、場面写真(1)のシーン以外にも5回唱えた者の登場シーンを注意深く見れば、ぬっと現れるキャンディマンを見つける事ができるかも。ヒントは鏡や反射。劇場の大きなスクリーンで探してみて。

■忌々しい都市伝説はどうしてはじまったのか?

 アメリカに実在する公営住宅地カブリーニ=グリーンに言い伝えられる殺人鬼”キャンディマン”の都市伝説について描かれる本作。過去の真相が語られる本編映像もWEBで公開されている。

 映像は主人公アンソニーが、カブリーニ=グリーンに住んでいるウィリアムに「彼は何者?」と尋ねるシーンから始まる。「全ての始まりの一人目は、1890年代だ」と語り始めるウィリアムと同時に、映像には切り絵で過去の出来事が…。そこでは富裕層に画家として雇われていた青年ダニエル・ロバタイルが、絵のモデルだった一家の娘と恋に落ちたことが父親に知られてしまい、肉吊りフックやハチを使った無残な方法で必要以上になぶられ、殺されてしまったことが明かされる。ウィリアムは続けて「だが、あんなひどい物語や苦痛は、永遠に続く。それがキャンディマンだ」と語気を強めながらアンソニーに語りかける。理不尽な差別から生まれ、その怒りを引き継ぎ都市伝説となったキャンディマン。一概に悪役とは言い切れないキャンディマンの存在は本作でどのように描かれるのか?

 鏡に向かって、その名を5回唱えると、キャンディマンが姿を現し、体を切り裂かれるという都市伝説からも、人々に恐怖を与える忌々しい存在として認識されているキャンディマン。しかし、ニア・ダコスタ監督は、差別から生まれ、その怒りを背負って立ち上がるキャンディマンを「彼は確かにモンスターだと思います。しかし、ある意味でダークヒーローでもあると思います」とも説明。

 そして「彼は間違いなくモンスターです。ホラー映画ですからね。ある種の “悪役 “であることは間違いありません。しかし、誰が彼をモンスターと決めたのか、誰が彼にその名前を与えたのか、そもそも彼はどうやってそこにたどり着いたのか、といったことを分解したかったのです」とキャンディマンの恐ろしいイメージの裏に隠された背景も意識して映画を制作したことを明かしている。

#キャンディ #ホラー #殺人 #まわし #都市伝説

「キャンディマン」を一言で表現すると? ジョーダン・ピールらが語る特別映像