大久保嘉人、三男・橙利くん9歳と“ドタバタ二人暮らし” Jリーグとワンオペ育児の両立「俺は主夫。職業、現役Jリーガー」

 史上初、3年連続Jリーグ得点王。J1通算最多得点記録保持者であり、現在も記録を更新中。イエローカードも歴代最多。記憶にも記録にも残る名プレイヤーで、今シーズン限りでの引退を表明した #大久保嘉人 選手(39)が、きょう26日に書籍『俺は主夫。職業、現役Jリーガー』(講談社)を発売した。

 私生活では4人兄弟の父親としての顔も持っている大久保選手。2021年1月、東京ヴェルディからセレッソ大阪への移籍が決まり、単身赴任での大阪入りを決意。しかし三男・橙利くんの「オレも行きたい!」という一言で、21年3月に橙利くんが大阪に来ることになった。

 そこから現役Jリーガーの父と9歳息子のドタバタ二人暮らしがスタート。「リモコン一つ動かさない」亭主関白・家事力ゼロだった大久保選手だが、YouTubeを見て煮魚を作り、見よう見まねで人気キャラクターのお弁当に挑戦。洗濯掃除を日々こなし、息子の宿題も見る……。プロのアスリートとして多忙を極めながら家事と育児に大奮闘する様子はSNSで大きな話題となり、キャラクター弁当を投稿したインスタグラムについた「いいね」はなんと2.8万件ついた。

 同書には、お役立ちレシピや時短テク、家事のコツも“ナシ”。しかし「分からなくても躊躇(ちゅうちょ)しない。できなくても諦めない」大久保選手の熱く必死に生きる姿に、きっと何かに挑戦したくなる勇気をもらうはず(!!)。

 大久保選手は、1982年6月、福岡県生まれ。国見高校3年時に高校3冠を達成。自身もインターハイ、選手権で得点王に輝き、セレッソ大阪でプロキャリアをスタート。スペイン、ドイツなど海外リーグ、国内の数クラブを経て、2021年古巣のセレッソ大阪に復帰。史上初、3年連続Jリーグ得点王。J1通算最多得点記録保持者であり、現在も記録を更新中。

 日本代表としてアテネオリンピック、FIFAワールドカップ南アフリカ大会、同ブラジル大会などに出場。国際Aマッチ60試合出場、6得点。莉瑛夫人との間に4男。セレッソ移籍を機に大阪にて、三男と父子ふたり生活を送る。2021年シーズンをもって現役引退を表明。

#大久保嘉人 #Jリーグ #職業 #ワンオペ #育児

大久保嘉人、三男・橙利くん9歳と“ドタバタ二人暮らし” Jリーグとワンオペ育児の両立「俺は主夫。職業、現役Jリーガー」