伊達朱里紗、勝利の儀式「ウイニング水飲み」に実況興奮「戦いの傷を癒やします!」/麻雀・Mリーグ

 試合中の真剣なまなざしから一転、穏やかな雰囲気が画面一杯に広がった。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」11月25日の第1試合、KONAMI麻雀格闘俱楽部・伊達朱里紗(連盟)が個人3連勝を決めた。試合後の一礼を終えて、ストローを口にすると、恒例となったこのアクションに視聴者は沸き立った。

 場面はゲームセット直後、伊達に対し、実況の日吉辰哉(連盟)がまず「今日は水を飲まない、なぜか!」と注目。その後すぐに“儀式”を始めた伊達に「飲むー!!これを飲んで初めて(試合が)終わる。戦いの傷を癒します!」と絶叫、解説の渋川難波(協会)は「思い出しましたね!」と嬉しそうに掛け合った。これに視聴者もノリを合わせ、「ウイニング水飲みいただきました」「水キターーーーー!!!!!」とコメントが連投された。

 これまでの試合でも試合直後に水を飲んで一息つく場面が放送されており、一部の視聴者からは「ウイニング水飲み」「勝ち水」と話題になっていた。

 この日、伊達の活躍でチームは首位に肉薄。このルーティンが出る度に、チームは上昇気流に乗る。視聴者からは「伊達ちゃん大好き」「伊達麻雀界で一番上手いんじゃないの?」となおもコメントが送られ、試合の終わりを名残惜しむようだった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

#麻雀 #興奮 #癒やし #大和証券 #ストロー

伊達朱里紗、勝利の儀式「ウイニング水飲み」に実況興奮「戦いの傷を癒やします!」/麻雀・Mリーグ