日本人3人が参加 韓国の新サバイバル番組『放課後のときめき』日本公式サイト&SNS開設 独自映像も公開へ

 韓国の新グローバルガールズグループオーディション番組『放課後のときめき』が、28日から韓国のMBCで放送開始されるのに先がけ、日本オフィシャルサイトと日本公式ツイッターおよびYouTubeチャンネルが開設された。

 『放課後のときめき』は、『プロデュース101』『SHOW ME THE MONEY』『UNPRETTY RAP STAR』など、多くのヒットオーディション番組を企画・演出したハン・ドンチョルプロデューサーと、韓国の公共放送局の1つであるMBCがタッグを組み、グローバルガールズグループの発掘と育成を目的としている。

 同オーディションには、83人が“生徒”として参加。12歳〜14歳の「1年生」18人、15歳〜16歳の「2年生」23人、17歳〜18歳の「3年生」20人、19歳以上の「4年生」22人で構成され、2年生には日本人3人が含まれている。

 プレ番組『登校前のためらい』では既に83人の生徒たちが熾烈な争いを繰り広げ、番組内で披露された楽曲「Same Same Different」は、本放送前にも関わらずYouTubeで4本合計1000万再生を突破し、楽曲の中毒性、オリジナリティある振付、完成されたパフォーマンスが話題を呼んでいる。

 生徒たちをサポートする“担任”の先生は、歌手のオク・ジュヒョン、 #少女時代 のユリ、ダンサーのAIKI、(G)I-DLEのリーダー・ソヨンが担当する。

 日本公式サイトでは、最新情報はもちろんのこと、日本のカメラが番組に潜入・密着。ここでしか見られないオフショットや独占インタビューなどのオリジナルコンテンツも公開される。また、LINE IDやフェイスブックアカウントがあれば日本からも毎日7人に投票できる。

#韓国 #ときめき #開設 #サバイバル #SNS

日本人3人が参加 韓国の新サバイバル番組『放課後のときめき』日本公式サイト&SNS開設 独自映像も公開へ