生田絵梨花、全曲披露“バスラ”は「1万キロカロリー」 来年の抱負は「探し、見つけていく1年に」

 今年いっぱいで #乃木坂46 を卒業する1期生の #生田絵梨花 が2日、東京・秋葉原のUDX THEATERで開催された“10th Anniversary”Documentary Movie『10年の歩み』完成披露試写会に登壇した。

 2011年8月の結成から10年、メンバーに支えられたことを振り返った生田は、デビュー日の2月22日近辺に行われることが多い“持ち歌全曲披露”がコンセプトの『BIRTHDAY LIVE』に触れた。

 「毎年『BIRTHDAY LIVE』が結構カロリーが高くて。年数を増すごとにどんどん長尺になっていくし、同じセトリ(セットリスト)がないので、頭をフル回転させなきゃいけなかったり、普通だったら“うわぁ〜”と爆発しそうになるところを、メンバーの何がすごいって、どんなときも本当に笑っているんですよ」とメンバーをリスペクト。「“わぁ大変だぁ”と言いながら笑ってたりとか、きついときでも会話の中で楽しくて笑ってたりとか、面白いことを発見して笑っていたりとか。そういうみんなの姿に私はすごく助けられて、いつもそういう場面を乗り越えられたと思います」と回顧した。

 イベントの司会者から「カロリーにしてどれくらい?」と聞かれると、「ここ最近は1万キロカロリーくらい」「10年やってきているので。1年で1000キロカロリーくらい」と付け加え、フフフと笑っていた。

 乃木坂46はどんなグループかという質問には、「温かいグループ」(遠藤)、「すごく愛にあふれたグループ」(鈴木)、「常に未来を考えるグループ」(久保)とそれぞれ答え、生田は「メンバーはすごく入れ替わっているんですけど、常にやわらかい空気感があって、でも、根底にはすごく熱いところとか負けず嫌いなところとか強い部分があって、その精神がずっと受け継がれてきているなと。グループのカラーはいつの時代も今ここにいるメンバーが作ってきていると感じます」と語った。

 今年1年を振り返った生田は「この1年は後輩とすごく仲よくなれたんじゃないかなと思います。何かあったときに後輩に頼らせてもらうこととか、甘えちゃうことが増えたのですごく感謝しているし、この1年が充実していたなと思います」と後輩たちに感謝。来年の抱負については「今年いっぱいで卒業するのでみんなと一緒の目標は持てないんですけど、1人になって、また新しく何をしたいのかとか、みんなにどういう姿を見てほしいのかというのを探しながら、見つけていく1年にしたいと思います。そして、乃木坂をファンとしてこれから応援していきたいと思います」とこれからも支えていくことを約束していた。

 メンバーを代表して生田は「この10年という記念で(ベスト)アルバムを発売することができ、そして、今まで自分たちも“あ、こんなことがあったんだ”と改めて振り返られるような映像をまとめていただいたので、ぜひ皆さんと一緒に10周年を振り返れたらと思っています。ここまで私たちをいつも支えてくださって、本当にありがとうございます。今後も乃木坂46をよろしくお願いいたします」とあいさつした。

#生田絵梨花 #カロリー #乃木坂46 #卒業 #東京

生田絵梨花、全曲披露“バスラ”は「1万キロカロリー」 来年の抱負は「探し、見つけていく1年に」