田中圭、今年は“苦難の年”「公私ともにいろいろあった」

俳優の #田中圭 が、「第50回ベストドレッサー賞」の芸能部門に選出され2日、都内で行われた授賞式に登壇。今年は「苦難の年」になったと言い、来年は「みんながハッピーになれる年になれば」と願った。
ファッション産業界の発展と各界の文化交流を目的に、政治、経済、学術、文化、芸能、スポーツなどの各分野で時代をリードする著名人に贈る同賞。
田中は「すごくうれしいですし、受賞された方々と一緒にいただけることが刺激にもなります。2021年いろいろあったんですけど、師走に入って素敵なスタートを切れたというのはハッピーだなと思っています」と喜んだ。
来年どんな年にしたいか聞かれると、「毎年毎年、今年が一番楽しかったなと思って生きてきたんですけど、今年はちょっと自分の中で苦難の年というか、公私ともにいろいろあったなと思っていて、早く来年にならないかなって(笑)。みんなの運気が変わって、ただただみんながハッピーになれる年になればいいし、自分もそうなりたいし、そうさせられる作品を信頼する仲間たちと作っていきたい」と語った。

なお、女優の #吉岡里帆 も芸術部門を受賞。そのほか、政治・経済部門はビームス代表取締役社長の設楽洋氏、学術・文化部門は作家の #伊集院静 氏、スポーツ部門は車いすバスケットボールの鳥海連志選手、インターナショナル部門はサンマリノ共和国特命全権大使のマンリオ・カデロ氏、特別賞はフリーアナウンサーの #草野仁 が選出された。

#田中圭 #俳優 #ベストドレッサー賞 #授賞式 #ファッション

田中圭、今年は“苦難の年”「公私ともにいろいろあった」