鈴木京香“事実婚状態”長谷川博己との結婚についてキッパリ語った言葉

「『紅白歌合戦』の司会でも注目を集めた #川口春奈 さん(26)ですが、すでに実家のある五島列島まで彼を連れていっていて、ご両親にも挨拶済みだそうです」(芸能リポーター・城下さん)

嵐・ #相葉雅紀 (39)、 #櫻井翔 (39)、 #星野源 (40)& #新垣結衣 (33)、菅田将暉(28)&小松菜奈(25)など、大物芸能人の電撃結婚が相次いだ’21年。そこで、交際が噂される注目カップルの’22年を、芸能リポーターの長谷川まさ子さん、菊池真由子さん、城下尊之さんに予想してもらった。

冒頭のとおり、川口春奈は格闘家の矢地祐介(31)と交際順調。「結婚のネックとなるとしたら仕事でしょう」とリポーターたちはにらむが、長谷川さんは「川口さんは結婚してもますます人気が上がるタイプでは」とも指摘する。

10年以上交際し、事実婚状態の鈴木京香(53)&長谷川博己(44)は、リポーター3人とも結婚の可能性は低めと予想。芸能プロ関係者が次のように明かす。

「親しい関係者に今後を聞かれた京香さんは、『籍は入れません』とはっきり言ったそうですよ」

同じく長く交際する内田有紀(46)&柏原崇(44)についても、長谷川さんは「バツイチ同士だからこそ、あえて結婚という形にこだわらないのでは」と分析した。

一方で、3人が高い結婚確率を予想した熟年バツイチカップルが原田知世(54)&椎名桔平(57)。

「椎名さんが元妻・山本未來さん(47)と暮らした豪邸をリフォームして原田さんとほぼ同棲状態であるという報道がありました。大人の恋だけど、アツアツで燃え上がっている。だからこのカップルは大本命です!」(菊池さん)

長谷川さんも次のように話す。

「自宅をリフォームするほどののめり込み方! 椎名さんが原田さんのことを好きで好きで仕方がないという感じがしますよね」

内野聖陽(53)&小山あずさ(36)も、ステップアップが予想される。本誌は内野の自宅に出入りする小山を昨年5月に目撃しているが、

「お母さんの介護をする内野さんを小山さんが支えているということですから、信頼し合っているカップルなのでしょう」(長谷川さん)

低い予想となったのは米倉涼子(46)&アルゼンチン人ダンサー。

「『彼との結婚を反対されたために所属事務所を退社した』との見方がありましたが、現時点で結婚まで至っていない。米倉さんは彼との結婚に後ろ向きになっているという話も聞きます」(城下さん)

昨年は適応障害で芸能活動を一時休止した深田恭子(39)。交際中の不動産会社会長の杉本宏之氏(44)が支えていたようだが、今年は深田が40歳を迎える節目の年ということもあって、ゴールインの可能性は高そうだ。元日には、一部スポーツ紙に、年内にも結婚する方向で調整している、とも報じられた。

「同棲生活を始めている2人。休養中に話し合い、深田さんの仕事に影響が出ないように考えながら結婚すると杉本氏は言っているようです」(スポーツ紙記者)

坂上忍(54)は一般女性と事実婚状態にあるというが、入籍の可能性を城下さんはゼロときっぱり。

「坂上さんは離婚歴がありますが、その経験から自分を“結婚不適合者”と言っていましたからね」

あるテレビ局関係者も次のように話す。

「恋人の女性とは10年以上お付き合いされているそうですが、結婚はしないと思います。坂上さんは独身を貫くことを、仲のいいフジテレビのスタッフにも宣言されていますよ」

司会を務める『バイキングMORE』(フジテレビ系)は今年3月に終了。私生活はいかに——。

#結婚 #鈴木京香 #事実婚 #長谷川博己 #言葉

鈴木京香“事実婚状態”長谷川博己との結婚についてキッパリ語った言葉