武尊 デビューから40戦、試合前日に欠かさない“験担ぎ飯”

 Kー1史上初の3階級王者で現スーパー・フェザー級王者である武尊(30)が15日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・00)にゲスト出演。試合前日に食べる験担ぎのための食事や、今後の格闘技界への思いを語った。

 パーソナリティーの #塙宣之 が人生初の「ジビエ料理」に挑戦したという話題から、食べ物のトークを展開。相方の #土屋伸之 が「格闘家の人とか試合前にジビエを食べる方がいるっていう話を聞くけど、必ず食べる物とかってあるの?」と問うと、「試合の前日に絶対ウナギを食べます」と武尊。「デビュー戦にそれをやって勝ったんで。デビューから今、40戦、毎回食べています。験担ぎですね」と明かしつつ、「お店は結構バラバラなんですけど。試合会場の近くとか、はい」。

 ただ、白米の量には気を付けているという。「食べ過ぎるとちょっと動けなくなるんですけど。でも減量しているんで、ちょっとリカバリーで摂ったりとか」。

 6月にファン待望のドリームカードである #那須川天心 (TARGET/Cygames)との一戦が決まっている。世紀の決戦に向けて来月27日に「K—1 WORLD GP 2022 JAPAN」東京体育館大会で、現K—1フェザー級王者の軍司泰斗(K—1ジム総本部チームペガサス)とスペシャルエキシビションマッチで対戦が予定されている。

 「ここから6月までちょっと空いちゃうんですけど、この試合(エキシビションマッチ)で体をしっかり作って調整したいなと思っていますね」と意気込みを語りつつ、注目度の高さについて「僕は昔、 #魔裟斗 さんとかがやっていたとき以上の格闘技界にしたいなと思っているので、こうやって盛り上がってもらえるのはすごいうれしいですね。これキッカケで格闘技がもっとどん!とでかくなったら良いなって」と、思いを打ち明けた。

#武尊 #デビュー #パーソナリティー #ジビエ #史上初

武尊 デビューから40戦、試合前日に欠かさない“験担ぎ飯”