『ヘキサゴン』ファミリーがまた暴露! 出演者から嫌われまくりの闇番組…

2000年代末から10年代前半にかけ、〝おバカタレント〟ブームの波に乗ってブレークしたタレント・ #神戸蘭子 。今では表舞台から遠ざかった彼女の告白が…

続きを読む 『ヘキサゴン』ファミリーがまた暴露! 出演者から嫌われまくりの闇番組…

第4次ブーム到来?コロナ禍?なぜ今、テレビは「激辛」にこだわるのか

 今、民放各局の中で“激辛”を扱う番組が増えている。  レギュラー番組では、 #あばれる君 やワタリ119とゲストが激辛料理の完食に挑む『有吉ゼミ』(…

続きを読む 第4次ブーム到来?コロナ禍?なぜ今、テレビは「激辛」にこだわるのか

昭和ブームは”巡礼”に発展? 懐かしのスポットを巡る著者が見た、デジタル世代が求める”リアル昭和”体験

 バブル時代のカルチャーや歌謡曲などに注目が集まり、ちょっとした”昭和ブーム”と言える昨今。もともと、昭和スポットを巡るブログを運営していた平山雄さん…

続きを読む 昭和ブームは”巡礼”に発展? 懐かしのスポットを巡る著者が見た、デジタル世代が求める”リアル昭和”体験

子育て中の前田敦子、スニーカーは「履きやすい、すぐ履けるがブーム」

女優の #前田敦子 が22日、オンラインで行われた「スニーカーベストドレッサー賞 2021 授賞式・記者発表会」に出席。「女優部門」で受賞を果たした前…

続きを読む 子育て中の前田敦子、スニーカーは「履きやすい、すぐ履けるがブーム」

池脇千鶴主演『その女、ジルバ』平均年齢74歳 これは“おばドラ”ブームの火付け役だ

 放送回を重ねるごとに話題を振りまく、 #池脇千鶴 主演の深夜ドラマ『その女、ジルバ』(フジテレビ系)。物語の舞台である熟女バーの魅力を、ドラマオタク…

続きを読む 池脇千鶴主演『その女、ジルバ』平均年齢74歳 これは“おばドラ”ブームの火付け役だ

将棋界にもブームはやってくる?若手実力派棋士がおすすめする「スタンディング研究」

 将棋界に新たな研究法が確立か——。順位戦ではC級1組から来期のB級2組への昇級を決めた若手実力者・ #増田康宏 六段(23)が立った姿勢での研究につ…

続きを読む 将棋界にもブームはやってくる?若手実力派棋士がおすすめする「スタンディング研究」

【ワイドショー通信簿】爆発的ブームの「クラブハウス」に、早くも「飽きた」という人が急増(スッキリ)

「スッキリ」でも2月2日(2021年)に紹介した音声のみのSNS「クラブハウス」は爆発的なブームを引き起こしたが、早くもやめる決断をする人が増えている…

続きを読む 【ワイドショー通信簿】爆発的ブームの「クラブハウス」に、早くも「飽きた」という人が急増(スッキリ)

さまぁ~ず大竹、滝沢カレンは「真逆の人」 タメ口ブームの中での台頭「敬語がやってきた」

 お笑いコンビ「さまぁ〜ず」の #大竹一樹 (53)が15日深夜放送のテレビ朝日「さまぁ〜ず論」(月曜深夜1・56)に出演。モデルでタレント・ #滝沢…

続きを読む さまぁ~ず大竹、滝沢カレンは「真逆の人」 タメ口ブームの中での台頭「敬語がやってきた」

マヂラブ、上沼恵美子に感謝 M—1酷評で「漫才終わった」も“ブーム”到来「スケジュールパンパン」

 お笑いコンビ「 #マヂカルラブリー 」の野田クリスタル(34)と村上(36)が14日放送の読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝」(後4・25)に出…

続きを読む マヂラブ、上沼恵美子に感謝 M—1酷評で「漫才終わった」も“ブーム”到来「スケジュールパンパン」

「腸活ブーム」の火付け役・加治ひとみ、“かぢボディ”を『sweet』で大胆披露

腸活ブームの火付け役として話題のモデル・加治ひとみが、12日発売の女性向けファッション雑誌『sweet』(宝島社)3月号に登場する。 ■「かぢボディ」…

続きを読む 「腸活ブーム」の火付け役・加治ひとみ、“かぢボディ”を『sweet』で大胆披露

「松本清張を深く味わうためには既婚者でなければならない」みうらじゅんが語る“清張作品”の意外な楽しみ方

 30代半ばから小説はほぼ清張作品しか読んでいないというみうらじゅん氏。これまで独自の視点で数々のブームを巻き起こしてきた同氏から語られる“清張ワール…

続きを読む 「松本清張を深く味わうためには既婚者でなければならない」みうらじゅんが語る“清張作品”の意外な楽しみ方

赤楚衛二 中国でも“チェリまほ”ブーム 話題俳優賞受賞「役者やっててよかった」

 中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で活躍し、中国で大きな影響力を持つ日本人を表彰する「WEIBO Account Festival in Tok…

続きを読む 赤楚衛二 中国でも“チェリまほ”ブーム 話題俳優賞受賞「役者やっててよかった」

Jホラーブームから20年、『呪怨』清水崇が見た現在地「粗製乱造により自分たちで首を絞めた」

 1990年代後半から、オリジナル作品として制作された恐怖映画。1998年に公開された『リング』、2003年公開の『呪怨』らは、国内で大ヒットを遂げる…

続きを読む Jホラーブームから20年、『呪怨』清水崇が見た現在地「粗製乱造により自分たちで首を絞めた」

作家は「小説の奴隷」になれるか…宇佐見りん・村田沙耶香、芥川賞受賞対談

 現役の大学生として久々の芥川賞受賞者となった宇佐見りんさん(21)の『推し、燃ゆ』の勢いが止まりそうにない。1月20日の受賞決定後、単行本の部数は2…

続きを読む 作家は「小説の奴隷」になれるか…宇佐見りん・村田沙耶香、芥川賞受賞対談