谷原章介、「とくダネ」後番組メイン司会で白羽の矢が立った“2つの理由”

 1月15日、すでに3月26日に終了することが発表されている「とくダネ!」(フジテレビ系)の後番組として、「めざまし8」が始まることが報じられた。メイ…

続きを読む 谷原章介、「とくダネ」後番組メイン司会で白羽の矢が立った“2つの理由”

二階堂ふみ、2年連続“紅白司会”が濃厚も不安な「ヤンキー好き」素顔

 女優・ #二階堂ふみ の“商品価値”が天井知らずだ。1月15日発売の「週刊現代」の連載コラム「週刊テレビオヤジ」では、NHKの上層部が「救世主」と絶…

続きを読む 二階堂ふみ、2年連続“紅白司会”が濃厚も不安な「ヤンキー好き」素顔

吉本の“報復説”を否定も…近藤春菜「スッキリ」降板で高まる“夜のリスク”

 サブ司会を務めていた「スッキリ」(日本テレビ系)を3月末で降板することが発表されたお笑いコンビ・ハリセンボンの #近藤春菜 。  1月15日発売の「…

続きを読む 吉本の“報復説”を否定も…近藤春菜「スッキリ」降板で高まる“夜のリスク”

カズレーザー『ゼンカイジャー』会見で愛あふれる司会進行 スーパー戦隊は「教育コンテンツ」

 お笑いコンビ・メイプル超合金の #カズレーザー が15日、オンラインで開催されたスーパー戦隊シリーズ45作記念作『機界戦隊ゼンカイジャー』(3月7日…

続きを読む カズレーザー『ゼンカイジャー』会見で愛あふれる司会進行 スーパー戦隊は「教育コンテンツ」

大泉洋の紅白司会に『SONGS』が独占密着 けん玉挑戦、心打たれた歌唱シーンも

 NHK総合の音楽番組『SONGS』(毎週土曜 後11:00)の23日放送回で、番組責任者の #大泉洋 が白組司会を務めた昨年大みそかの『第71回NH…

続きを読む 大泉洋の紅白司会に『SONGS』が独占密着 けん玉挑戦、心打たれた歌唱シーンも

黒柳徹子が振り返る紅白初司会「最悪だった」「泣きたかった」ワケとは?

 大みそか恒例「第71回NHK紅白歌合戦」が昨年12月31日に、東京・渋谷のNHKホールで行われた。初の無観客で開催されたが、総合司会がお笑いタレント…

続きを読む 黒柳徹子が振り返る紅白初司会「最悪だった」「泣きたかった」ワケとは?

横浜流星、司会のミスを即フォロー 会場和ませる「ジュエリーの似合う男に」<第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞>

【モデルプレス=2021/01/14】俳優の #横浜流星 らが14日、「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」を受賞し、都内で行われた表彰式に登…

続きを読む 横浜流星、司会のミスを即フォロー 会場和ませる「ジュエリーの似合う男に」<第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞>

【ワイドショー通信簿】小倉智昭「とくダネ!」3月末終了を生報告 「切っ先が鈍くなって…そろそろかなあと」(とくダネ!)

「とくダネ!」は3月26日(2021年)で終了すると報じられ、司会の #小倉智昭 が番組のエンディングで改めて報告した。「今日のスポーツ紙で大変大きく…

続きを読む 【ワイドショー通信簿】小倉智昭「とくダネ!」3月末終了を生報告 「切っ先が鈍くなって…そろそろかなあと」(とくダネ!)

『とくダネ!』3月末で22年の歴史に幕 小倉智昭「席を譲る時が来たようです」

 フリーアナウンサーの #小倉智昭 (73)が、フジテレビの #山崎夕貴 アナ(33)、立本信吾アナ(34)が司会を務めるフジテレビ系『情報プレゼンタ…

続きを読む 『とくダネ!』3月末で22年の歴史に幕 小倉智昭「席を譲る時が来たようです」

『ゼンカイジャー』制作発表を生配信 – 主演俳優を発表&"みんなのアイドル"も、カズレーザー司会

2021年3月7日にスタートするスーパー戦隊シリーズ最新作『機界戦隊ゼンカイジャー』の制作発表会見が、1月15日ひる12時から「東映特撮YouTube…

続きを読む 『ゼンカイジャー』制作発表を生配信 – 主演俳優を発表&"みんなのアイドル"も、カズレーザー司会

山里亮太&蒼井優の結婚会見で司会 GAG宮戸が明かす裏話「前日の夜になっても、まだ」

 お笑いトリオ「GAG」の宮戸洋行(36)が、6日深夜放送の関西テレビ「 #関ジャニ∞ のジャニ勉」(水曜深夜0・25)に出演。2019年に行われた、…

続きを読む 山里亮太&蒼井優の結婚会見で司会 GAG宮戸が明かす裏話「前日の夜になっても、まだ」

二階堂ふみ「紅白司会に大絶賛」でトバッチリ食らった綾瀬はるかの“低評価”

 新型コロナにより初の無観客となった、20年のNHK紅白歌合戦。開催にあたっては当初、賛否両論が巻き起こったが、結果、平均視聴率は40.3%(=二部・…

続きを読む 二階堂ふみ「紅白司会に大絶賛」でトバッチリ食らった綾瀬はるかの“低評価”