《直木賞候補作インタビュー》「急に若い異性が家族として入ってくるってどういう感じなんだろう」砂原浩太朗の陰影描写が見せる“老武士と嫁”のあわい

《直木賞候補作インタビュー》「天才的な人物を家族に持った人にかねて関心があった」澤田瞳子がたどり着いた“絵師を描くことの向こう側” から続く  201…

記事を読む 《直木賞候補作インタビュー》「急に若い異性が家族として入ってくるってどういう感じなんだろう」砂原浩太朗の陰影描写が見せる“老武士と嫁”のあわい

第七十四回「細野晴臣、鈴木茂、山下達郎の『PACIFIC』とマッチするような世の中に早く戻って欲しい」

想い出の音楽番外地 戌井昭人  いつになったら、あの頃のように、自由に行きたい所に行ったり、当てもなく、だらだら旅をしたりすることができるようになるの…

記事を読む 第七十四回「細野晴臣、鈴木茂、山下達郎の『PACIFIC』とマッチするような世の中に早く戻って欲しい」

川端康成が冨士眞奈美に語っていた「美人の条件」と「美智子さまのたたずまい」

女優・ #冨士眞奈美 が古今東西の気になる存在について語る当企画。今回は、文豪・ #川端康成 との思い出を綴る。 ■“面白い人たちが集まる会” 先日、…

記事を読む 川端康成が冨士眞奈美に語っていた「美人の条件」と「美智子さまのたたずまい」

第七十三回「カタカナ英語で唄う勝新太郎はとてもキュートでチャーミング」

カラオケスナックなどに行ったら、英語の歌を格好良く唄ってみたいと思うことはあるけれど、唄っている人を見ると、なんだか気持ちが萎えてきてしまったことはあ…

記事を読む 第七十三回「カタカナ英語で唄う勝新太郎はとてもキュートでチャーミング」

千葉雅也「マジックミラー」(ことばと vol.1)第45回川端康成文学賞に決定!

ノーベル文学賞から生まれた日本で最も権威のある短篇小説賞、 第45回 #川端康成 文学賞が、 2021年4月12日、 厳正な選考を経て、 千葉雅也「マ…

記事を読む 千葉雅也「マジックミラー」(ことばと vol.1)第45回川端康成文学賞に決定!

次回作の清原果耶も…朝ドラ“脇役からヒロインへ”が多い理由

3月いっぱいで、まる60年の歴史を刻むNHK連続テレビ小説(以下、朝ドラ)。 第1作『娘と私』(’61年)は、文豪・獅子文六による自伝的小説が原作。続…

記事を読む 次回作の清原果耶も…朝ドラ“脇役からヒロインへ”が多い理由

【ワイドショー通信簿】「撮り鉄」大挙のヒートアップ、185系「踊り子」きょうラストランの大騒ぎ!(とくダネ!)

東京と静岡・伊豆をつなぐJR東日本の185系特急「踊り子」がきょう12日(2021年3月)、ラストランを迎える。白地に緑のラインでおなじみの人気の車両…

記事を読む 【ワイドショー通信簿】「撮り鉄」大挙のヒートアップ、185系「踊り子」きょうラストランの大騒ぎ!(とくダネ!)

筒井康隆、最愛の息子との別れを作品に 文芸誌『新潮』で掲載

 7日発売の文芸誌『新潮 2月号』では、作家・ #筒井康隆 氏(86)の最新掌篇(しょうへん)小説『川のほとり』を掲載。昨年、最愛の息子を亡くした筒井…

記事を読む 筒井康隆、最愛の息子との別れを作品に 文芸誌『新潮』で掲載

第六十九回「年の始めは『江戸木やり』を聴いて陰気な気持ちを吹き飛ばそう」

想い出の音楽番外地 戌井昭人  2021年がはじまってしまいました。2020年はいったいなんだったのでしょうか? 「ああ、あんな年もあったなぁ、糞コロ…

記事を読む 第六十九回「年の始めは『江戸木やり』を聴いて陰気な気持ちを吹き飛ばそう」

第六十八回「紅白歌合戦といえば思い出すフランク永井の傑作アルバム」

想い出の音楽番外地 戌井昭人  もうすぐ年末です。子どものころは紅白歌合戦に誰が出るのだろうなどと気になっていましたが、現在では、年末に紅白を観ても、…

記事を読む 第六十八回「紅白歌合戦といえば思い出すフランク永井の傑作アルバム」

妊娠5か月の加藤ミリヤ 人気料理人と“一夫多妻”生活「加藤は内縁の妻とも仲よし」

  #高嶺の花 のように思える芸能人と結婚する男性はいったいどんな職業の人なのだろうか。同じ芸能人、経営者、医者……意外に多いのは、レストランのシェフ…

記事を読む 妊娠5か月の加藤ミリヤ 人気料理人と“一夫多妻”生活「加藤は内縁の妻とも仲よし」

【全国コンテスト&オーディションWINNER名鑑/地方ミス編】新潟県・越後湯沢温泉 第58代ミス駒子

 オーディション情報サイトの「デビュー」が、全国で開催のコンテストおよびオーディションの優勝者・合格者を紹介する「全国コンテスト&オーディションWIN…

記事を読む 【全国コンテスト&オーディションWINNER名鑑/地方ミス編】新潟県・越後湯沢温泉 第58代ミス駒子

芥川賞5回ノミネートの鬼才・戌井昭人の新作小説『壺の中にはなにもない』! 各界の著名人たちからの多彩な帯コメントも必見!?

作家として数々の小説を世に送り出し、 #川端康成 文学賞や野間文芸新人賞を受賞し、 #芥川龍之介 賞では過去5回のノミネートの実績を持つ戌井昭人。 市…

記事を読む 芥川賞5回ノミネートの鬼才・戌井昭人の新作小説『壺の中にはなにもない』! 各界の著名人たちからの多彩な帯コメントも必見!?

第六十六回「ハナレグミとうんだらか楽団の「うんだらか うだすぽん」の歌詞を書いて感じたこと」

想い出の音楽番外地 戌井昭人  今回紹介させていただくのは、ハナレグミとうんだらか楽団による「うんだらか うだすぽん」という曲です。この曲は、4年くら…

記事を読む 第六十六回「ハナレグミとうんだらか楽団の「うんだらか うだすぽん」の歌詞を書いて感じたこと」

「こんなに細かい絵にしなきゃよかった」と後悔することも……和田誠さんが明かした「週刊文春」表紙の秘話

 過去の作品のアンコール企画で、現在も「週刊文春」の表紙を飾り続けている和田誠さんが逝去されて1年が経った2020年10月7日、和田さんが描いた「週刊…

記事を読む 「こんなに細かい絵にしなきゃよかった」と後悔することも……和田誠さんが明かした「週刊文春」表紙の秘話

「恋愛学」を提唱する森川友義が小説に描かれた恋を科学的に分析した書籍を発売!

森川友義による書籍「恋愛学で読みとく文豪の恋」が9月17日(木)に発売されたというお知らせが届きました。 ©光文社新書 本書は様々な名作で描かれた「恋…

記事を読む 「恋愛学」を提唱する森川友義が小説に描かれた恋を科学的に分析した書籍を発売!