中尾ミエ「とにかく楽しく生きないともったいない」 年を重ねて貪欲に

女優の #中尾ミエ が、東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『その女、ジルバ』(毎週土曜23:40〜)で演じる役の印象や、強くしなやかに生きる秘けつなどを語…

続きを読む 中尾ミエ「とにかく楽しく生きないともったいない」 年を重ねて貪欲に

加藤シゲアキ 直木賞を逃しても「やっと作家として認めてもらえた」

『ピンクとグレー』(2012年)で作家デビューしてから約9年。最新作『オルタネート』(新潮社刊)が直木賞の候補作となったことで、「ようやく作家として認…

続きを読む 加藤シゲアキ 直木賞を逃しても「やっと作家として認めてもらえた」

史上3番目に若い芥川賞受賞者、宇佐見りんさん「本当に良いんだろうか」心境吐露

 第164回芥川賞・直木賞の贈呈式が18日、東京都内で開かれた。史上3番目に若い芥川賞受賞者となった宇佐見りんさん(21)は、あいさつの中で、「最初は…

続きを読む 史上3番目に若い芥川賞受賞者、宇佐見りんさん「本当に良いんだろうか」心境吐露

加藤シゲアキ「ごめん。まだちょっと本屋大賞とかもあるから」小山慶一郎のイジリに言い返す

 NEWSの #加藤シゲアキ (33)が12日深夜放送のTBS「NEWSな2人」(金曜深夜0・50)に出演。ノミネートされている「本屋大賞」など各賞受…

続きを読む 加藤シゲアキ「ごめん。まだちょっと本屋大賞とかもあるから」小山慶一郎のイジリに言い返す

「胸キュンも、きらめく汗もない。けれど…」青春小説から零れ落ちていたもの

 まずは著者近影をご覧いただきたい。 #姫野カオルコ さん  写っているのは、直木賞作家の姫野カオルコさん。このたび、連作短編集『青春とは、』を上梓し…

続きを読む 「胸キュンも、きらめく汗もない。けれど…」青春小説から零れ落ちていたもの

芳根京子、北川景子に畳みかける…『ファーストラヴ』面会室シーン公開

島本理生の直木賞受賞作の映画化『ファーストラヴ』より、主演・ #北川景子 と #芳根京子 の面会室でのシーンを切り取った本編映像が到着した。 今回公開…

続きを読む 芳根京子、北川景子に畳みかける…『ファーストラヴ』面会室シーン公開

加藤シゲアキが“文学賞荒らし”、小説が次々ノミネートに「受賞させたい」思惑

《文学に詳しい仲間からは“すごいね”と言ってもらえた。直木賞を受賞していたら #吉川英治 文学新人賞には候補にならないので、“(直木賞を逃したからこそ…

続きを読む 加藤シゲアキが“文学賞荒らし”、小説が次々ノミネートに「受賞させたい」思惑

加藤シゲアキ、直木賞選考委員の言葉に「すごく救われた」 飛躍の一年を語る

アイドルグループ・NEWSの #加藤シゲアキ が2日、NHK土曜ドラマ『六畳間のピアノマン』(2月6日スタート 総合 毎週土曜21:00〜 ※全4回)…

続きを読む 加藤シゲアキ、直木賞選考委員の言葉に「すごく救われた」 飛躍の一年を語る

加藤シゲアキ『オルタネート』 直木賞、本屋大賞に続き吉川英治文学新人賞候補に

2020年11月に新潮社から発売された #加藤シゲアキ さんの最新長編『オルタネート』が21年2月1日、「第42回 #吉川英治 文学新人賞」候補作品に…

続きを読む 加藤シゲアキ『オルタネート』 直木賞、本屋大賞に続き吉川英治文学新人賞候補に

加藤シゲアキ『オルタネート』が「第164回 直木賞」「2021年 本屋大賞」に続き「第42回 吉川英治文学新人賞」にノミネート!

昨年11月に新潮社より発売された、 #加藤シゲアキ の最新長編『 オルタネート』が「第42回  #吉川英治 文学新人賞」候補作品 に選ばれたと、 講談…

続きを読む 加藤シゲアキ『オルタネート』が「第164回 直木賞」「2021年 本屋大賞」に続き「第42回 吉川英治文学新人賞」にノミネート!

NEWS加藤シゲアキ、吉川英治文学新人賞にノミネート 直木賞候補作「オルタネート」

 NEWSの #加藤シゲアキ (33)の長編小説「オルタネート」が第42回 #吉川英治 文学新人賞にノミネートされた。アイドルが同賞にノミネートされる…

続きを読む NEWS加藤シゲアキ、吉川英治文学新人賞にノミネート 直木賞候補作「オルタネート」

「facebookで知らない人からの友達申請が増えた」 直木賞を受賞した作家の“意外な変化”とは?

「進んでいく方向は決まっているので、自分では何もできない」 直木賞作家が語る“小説の終わり” から続く  2021年1月20日、第164回 #芥川龍之…

続きを読む 「facebookで知らない人からの友達申請が増えた」 直木賞を受賞した作家の“意外な変化”とは?

「進んでいく方向は決まっているので、自分では何もできない」 直木賞作家が語る“小説の終わり”

 2021年1月20日、第164回 #芥川龍之介 賞の選考会が開かれ、西條奈加さん(56)の『 心淋し川 』(集英社)が選ばれました。いずれも初の直木…

続きを読む 「進んでいく方向は決まっているので、自分では何もできない」 直木賞作家が語る“小説の終わり”

「登場する女性が強い」と言われるけれど…新直木賞作家・西條奈加が描きたいもの

「時代小説は、実は苦手でした」…新直木賞作家・西條奈加が人情時代小説の名手になるまで から続く  著書『心淋し川』(集英社)で第164回直木賞を受賞し…

続きを読む 「登場する女性が強い」と言われるけれど…新直木賞作家・西條奈加が描きたいもの

「時代小説は、実は苦手でした」…新直木賞作家・西條奈加が人情時代小説の名手になるまで

——第164回直木賞受賞おめでとうございます。一夜明けて、実感はわきましたか。西條奈加(以下、西條) 正直、申し訳ないくらい実感がなくて。今はコロナ禍…

続きを読む 「時代小説は、実は苦手でした」…新直木賞作家・西條奈加が人情時代小説の名手になるまで